“創る”面白さと責任が
両輪となって前に進む

幻冬舎メディアコンサルティング
東京編集部主任補
2017年入社
枝久保 英里

苦手を克服する先に
成長があった

「先を見越した仕事運び」、これこそ編集職で特に求められるスキルであり、私が最も苦手とすることの一つでした。「編集」と聞けばクリエイティブな仕事を第一に思い浮かべがちですが、クライアントを含めて制作に関わるチーム全体をコントロールすること、こちらも欠かすことの出来ない重要な業務です。
私たちが取り扱う企業出版のキーはクライアントです。書籍の内容から出版のタイミングまで、その要望に応えながら最高の成果物をつくりあげられるように段取りを進めていくのが、編集担当の役割です。だからこそ、編集者にとっては、書籍制作の進行に関わるスケジュール管理は発想力や創造力と同じくらい重要になります。この1年半の経験は、自分に欠けていたその部分を克服するための絶好の機会でした。

希望していた編集職の
深い魅力を知る

小さいころから本が大好きだった私は、新卒の就職活動で幻冬舎メディアコンサルティング(以降GMC)を志望。念願叶って編集部門に配属されましたが、実際の仕事を進めるなかで知ったのは、想像以上に奥深いこの仕事の難しさと、それゆえの面白さでした。
編集職の基本は、ライター・デザイナーといった多種多様なプロフェッショナルを動かし、1冊の書籍づくりに向けてチームを運営することです。ライターもデザイナーも自分にはない力や経験を持つ専門家、さらにクライアントはさまざまな企業の経営者がほとんど。そんな方々と関わる機会自体、GMC編集職に許された魅力的な経験だといえます。スペシャリストと共同で一冊の本をまとめるだけでもワクワクするのに、全体をマネジメントする仕事。難しい役割ですが、それだけ大きな面白さにつながります。

社会に発信する
仕事ならではの責任

想いを託して下さるクライアントへの責任はもちろん、編集者には対外的にも大きな責任が伴います。書籍を出版するというのは、社会に向けてメッセージを送ること。書籍の購入者だけでなく、取り扱うテーマに関わる方や業界関係者など、多くの方に影響を与えていくことを考えると、編集者には、多大な責任があるのです。その責任も受け止めた上で「価値ある1冊」になるよう日々取り組みます。

日々1㎜でも
前進している実感

編集に配属が決まってからは、がむしゃらに仕事に取り組んできました。先輩の下について仕事の流れを覚え、次第に業務を割り当ててもらううちに自分のクライアントを任されるようになり、なんとかひとりで案件を回せるようになったところで、また新しい難題が出てくる、そんな日々でした。その間、失敗もひとつやふたつではありません。落ち込むことも多々ありましたが、それでも前に進んでいるという実感だけは大きかった。だからこそ続けてこられたと感じています。
「編集」という漠然としたイメージだけでこの仕事に就けば、実際の業務とのギャップに大いに戸惑うこともあると思います。でも、知らなかった世界の人と出会いながら新しいことに挑み、想像もしなかった楽しみや喜びを得られる仕事なのは確かです。好奇心を持ってぶつかれば、それだけ新しい発見と成長があるのもGMCだからこそ。私自身はまだまだ未熟ですが、この会社ならではの自由な雰囲気のなかで、“創る”仕事の面白さを感じながら毎日の仕事に取り組んでいます。

人を知る MEMBER

幻冬舎メディアコンサルティンググループで働く社員について、ご紹介します。

Entry 採用情報

幻冬舎メディアコンサルティンググループの
新卒採用/キャリア採用のご応募は、こちらからお願いします。

PAGETOP