「なりたい自分」への近道は
尻込みせずにチャレンジすること

幻冬舎メディアコンサルティング
営業局 営業部 主任
2020年入社
H.S.

「なりたい自分」になるための転職

私は大学卒業後、地方の商社で事務を担当していました。当時、営業の方々とやり取りをする機会が多く、会社の先頭に立つような溌剌とした仕事ぶりに憧れて、営業へのキャリアチェンジを決意しました。
幻冬舎メディアコンサルティング(以下GMC)と出会えたのは、とても運がよかったと思います。もともと書籍が好きだったこともありますが、企業と読者を繋げるというビジネスモデルに惹かれました。営業ならではのやりがいだけでなく、自分で主体的に動き、自信をもって提案ができる「なりたい自分」を目指せると考えてGMCに飛び込みました。
もちろん全く未経験からの挑戦でしたので、最初はうまくいかないことばかりでした。このままではダメだと自分なりに考えてたどり着いたのが、何であれすぐに行動に移すという姿勢です。気づいたこと、学んだこと、教わったことをすぐさま実行する。学んでは実践、気づいては修正してすぐに実践。繰り返すうちに、少しずつ、自分が成長していくのを実感できました。同時に、漠然と想像していた以上の営業のやりがいにも気づきました。自分の行動ひとつひとつがGMC全体にとって欠かせない要素であることを実感しています。

仕事の主導権は、
会社ではなく自分が握る

転職から1年、営業ならではの喜びをかみしめる機会が増えてきました。自分のアプローチが発端となってプロジェクトが進み、1年近い制作期間を経て書籍という形になって書店に並びます。クライアントから、「問い合わせが増えた」「メディアから取材の依頼があった」などの声を聞くと、胸が高鳴ります。その度に感じるのは、もっと多くの企業様の役に立つ書籍を作りたいという想いです。
気になる企業や業界を見つけるヒントを探すことは毎日の習慣になっています。仕事をしている時間はもちろん、普段の生活においてもアンテナを張って情報収集をすることが当たり前になりました。ニュースや新聞記事、電車内の広告やSNSなど、参考にしている情報を挙げるとキリがありません。情報収集はもはや生活の一部です。
私がこれまで一般的だと思っていたのは、「仕事のやり方は会社が決め、社員はそれに従って業務を遂行する」ということでした。しかし、GMCは違います。社員一人ひとりの意思が何よりも重視されます。何を目標とし、どうなりたいのか、何がしたいのか。上司と話していても度々出てくる言葉です。仕事の主導権を握っているのは会社ではなく、個人なのです。かといって個人主義というわけではなく、何事もオープンに情報を共有し、困っている人がいれば手を差し伸べるのがGMCの文化です。一人の意見に全員が耳を貸し、個人を尊重する雰囲気や懐の深さはGMCならではだと思います。

経験がなくても
意欲があればなんでもできる

仕事をより効率的に、やりやすく変えていくためのプロジェクトも、社員が中心になって動いています。プロジェクトは複数あり、私もプロジェクトリーダーの一人です。正直なところ、最初は「私でやっていけるのだろうか」という不安がとても大きかったのを覚えています。これまでの人生で、先頭に立って仲間を引っ張っていくような経験がなかった私には、大きな挑戦でした。
プロジェクトの目的は、属人的になりがちな営業の業務を平準化し、レベルアップを図ることです。もちろん簡単なことではありません。試行錯誤を経てたどり着いたのが日々のアプローチを楽しむための企画でした。アプローチの達成にゲームの要素を取り入れたことでメンバーの士気は格段に上がり、これまでにないほどの成果に結びつけることができました。
これまで経験のなかったリーダーという役割は、戸惑うことも多くありましたが、自分の大きな成長のきっかけになったことは明らかです。GMCは経験よりも意欲やポテンシャルを重視する、という意味がわかった気がしました。たとえ今はできなくても、きっとできる。社員を信じて任せてみよう。GMCはこうして社員の成長を後押ししてくれているのだと知りました。
営業の経験が何もなかった私ですが、ようやく結果を出せるようになってきました。仕事の面白さもわかってきました。ただ、まだまだ「幻冬舎」というネームバリューに支えられているのも事実です。これからの目標は、「幻冬舎だから」ではなく、「あなただから」任せたいと言っていただくこと。そのためにも気を抜かず、新しいことにもどんどんチャレンジして力をつけていきたいです。

人を知る MEMBER

幻冬舎メディアコンサルティンググループで働く社員について、ご紹介します。

Entry 採用情報

幻冬舎メディアコンサルティングの
新卒採用/キャリア採用のご応募は、こちらからお願いします。

PAGETOP