かつて、大手損保(加害者)側の弁護士であり、現在は正反対の被害者側の立場で戦う著者だから書けた、冷酷な事実を正面から見つめる一冊、『ブラック・トライアングル 温存された大手損保、闇の構造』(著者:谷清司)がAmazon.co.jp®で1位(※)になりました。

(※)5月31日付カテゴリ別ランキング

 

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら