事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

「コンパクトアパート」ではじめる超ローリスク不動産投資

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:ライディックス株式会社
  • 著者:山上晶則

制作の背景

2016年3月に不動産調査会社「タス」が行った調査によると、首都圏賃貸アパートが「空室率30%超」となっています。今後もさらに日本の人口減少は続き、その一方で貸家着工数は増え続けているため、多くの不動産オーナーが空室によって赤字に陥ることは明白です。そんな中、条件の良い都心、駅近、新築といった物件は高額で、一部の富裕層以外はとても手が出せるものではありません。著者はこれまで投資用、実需含めて600棟を超える不動産をあつかってきました。この経験を踏まえて発見した、超ローリスクであるコンパクトアパートによる不動産投資を伝えたいという熱い思いから制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
山上 晶則(ヤマガミ マサノリ)
富山県出身。高校卒業後に上京し、様々な仕事を経験した後に不動産業界に飛び込む。初営業したお客様より契約を頂くという業界ではきわめて稀有な実績をあげて以来、社内で圧倒的な営業成績を残す。その後、上場会社も含め数多くの不動産会社で事業責任者や執行役員を経験する。
2013年に独立しライディックス株式会社を設立、代表取締役に就任し現在に至る。経験から裏打ちされた物件の差別化戦略で、多くの資産家のサポートを行っている。販売実績は投資用・実需を含めて600棟を超える。
詳細はこちら

ゼロからの奇跡 50歳、独学。不屈の化粧品開発

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社レクシア
  • 著者:木下麻純

制作の背景

著者は50歳という年齢から化粧品開発の道に飛び込みました。もちろん、素人が簡単に成功できるほど化粧品開発の世界は甘くはなく、開発には理系の知識や技術が必要であり、化粧品にまつわる様々な法的な規定もクリアしなければなりません。また、世の中には数多くの化粧品があふれており、その中からロングセラーとなるオリジナルブランドを開発するのは容易ではありません。 しかし、そのような厳しい条件の中、小さな一歩を踏み出す覚悟を決めたのは、それまでの50年の人生の中で蓄積された様々なイマジネーションが次々とあふれ出てきたからです。イマジネーションとインスピレーションだけを頼りに化粧品を作り上げるのは突飛であり、あまりに型破りなことではありますが、だからこそ他ではマネのできない著者だけの独創的な化粧品が誕生しました。そして、いまや15万人もの女性に愛され続けている化粧品を生み出しました。 その経験から、たとえ物理学や生物学、化学といった基礎知識がなくても、あるいは「チャレンジするには遅すぎる」と言われる年齢であっても、自分で「これだ」と決めたものがあれば努力次第で成功を掴むことができるのだと著者は言います。将来「化粧品開発に従事したい」あるいは「未経験ではあるが、モノづくりのステージに身を置きたい」と考える人たちの役に立つことができたらという思いから本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
木下 麻純(キノシタ マスミ)
株式会社レクシア 研究開発部 常務執行役員
結婚、出産を経て、ユングやチベット仏教、シュタイナー、薬草学、アロマセラピー、有機農法について独学を重ねる。50歳を過ぎてから自宅の庭で花やハーブを育て、キッチンを研究室にして化粧品開発をスタートさせる。2001年、家族とともに株式会社レクシア(旧社名:株式会社ルミエール)を設立。同年、兵庫県に工場を構え、2005年には北海道に自社農園を開設。化粧品の原料生産に至るまで自社ですべて行っているのは世界的にも極めて稀とされている。現在「メゾンレクシア」ブランドとして、スキンケアやフレグランス、ベースメイクなどの製品を開発、販売しており、多くの女性の支持を得ている。著書に『心とからだのバランシング・ノート』(たま出版)。
詳細はこちら

どんな不況もチャンスに変える黒字経営9の鉄則

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:石原会計事務所
  • 著者:石原 豊

制作の背景

長らく低迷していた日本経済はアベノミクス効果やインバウンド消費の増加によって上向き始めたと言われていますが、大企業が売上高の拡大によって経常利益を伸ばしているのに対し、中小企業の場合は経費や人件費の削減によって経常利益が増加しているにすぎないことが指摘されています。「個人消費の低迷」「販売単価の低下」「大型店の進出による競争の激化」「利用者ニーズの変化への対応」など、中小企業の売上高が伸び悩んでいる原因は多く、いくら景気が回復基調にあるといっても、中小企業経営者の多くは景気回復を実感できていません。政府の対策をもってしても改善は見られず、結局、いくら国や金融機関が支援の手を差し伸べたところで、経営改善の成否は経営者の手腕にかかっています。 そこで、戦後の復興期から高度成長期、バブル期、バブル崩壊、そしてリーマンショックとあらゆる時代をくぐり抜け、1万社以上の中小企業に対して公的な立場で経営診断をしてきた著者が、本書をきっかけとして一社でも多くの中小企業が黒字経営に転換できればという思いから本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
石原 豊(イシハラ ユタカ)
京都ビジネスコンサルタントセンター 代表取締役
税理士/経営コンサルタント/社会保険労務士/行政書士
昭和10年京都生まれ。昭和31年学卒、会計事務所勤務を経て、民間食品製造会社入社。その後公的機関で経営指導員として企業診断、経営診断、経営相談・指導に従事。指導対象企業は1万5000社を超える。昭和47年4月1日石原会計事務所を開業。同月14日京都ビジネスコンサルタントセンターを設立し、代表取締役に就任。会計事務所経営と併せて、43年間にわたり中小企業の経営助言・支援・指導に積極的に取り組む。昭和56年、異業種組合たる仁智会事業協同組合の府認可・設立とともに代表理事に就任。京都府より委嘱された特別経営指導員および中小企業復興公社経営診断員として商工行政にも深くかかわり、京都商工会議所にて小規模事業者経営改善資金審査会の審査委員および同委員長を13年務め、延べ1万社以上の中小企業融資審査を行っている。また京都府農業会議にも顧問として参画し、遊休荒廃農地の解消、集落営農・地域農場づくりにも力を注いでいる。
詳細はこちら

「折れない子」を育てるアメとムチ

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:松川武平
  • 著者:松川武平

制作の背景

名古屋市で小児科クリニックを運営する著者は、日頃から多くの子ども、その親と向き合い、身体だけでなく心のケア、子育てのアドバイスも行っています。 そうした中で、近年意欲がない子、過保護な親たちをよく目にするようになったことに問題を感じていました。そこで、著者の子育てのアドバイス、親から子どもへの接し方を子どもの年齢ごとに区切り、わかりやすく世のお母さん、お父さんに伝えたいと、出版を決意しました。

●著者プロフィール●
松川 武平(マツカワ ブヘイ)
日本小児科学会 専門医
医療法人松川クリニック 理事長
病児保育室プチポケット代表
1953年愛知県名古屋市生まれ。1979年、愛知医科大学を卒業後、愛知医科大学小児科学教室に入局し、 翌年に名古屋第一赤十字病院に入局。1981年、久徳クリニックで勤務開始。子どもの発達過程、 子どもとメディアとの関わりなどについて研究。
1986年、父親が理事長をつとめる松川クリニックに入職し、2000年医療法人松川クリニック理事長に就任。2017年4月より、名古屋市学校医会会長に就任予定。
日本小児科医会・子どもの心相談医/日本小児科学会会員/日本アレルギー学会会員/日本小児アレルギー学会会員/日本外来小児科学会会員/日本小児東洋医学会会員/名古屋市小児科医会副会長/愛知県小児科医会理事/名古屋市学校医会副会長/全国病児保育協議会 愛知県支部長
詳細はこちら

進行がんは「免疫」で治す "世界が認めた"がん治療

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:イーエイチエスメディカル株式会社
  • 著者:角田 卓也

制作の背景

免疫療法の一つである免疫チェックポイント阻害剤の登場によって、がん治療界に大きなパラダイムシフトが起きています。これまで進行がんの治療といえば抗がん剤治療が主流でしたが、近年、免疫チェックポイント阻害剤が様々ながん種のファーストライン治療の承認を次々と得ているのです。 実際、様々な研究結果をみても、抗がん剤治療と同じ、もしくはそれ以上の高い効果を示しています。 しかしながら、まだまだこの治療法はがん患者やその家族、そして医師たちにも正しい知識が身についていないのが現状です。 そこで今回、免疫療法を30年以上研究してきた著者が正しい免疫療法の知識を伝えるべく、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
角田 卓也(ツノダ タクヤ)
1987年和歌山県立医科大学卒業後、和歌山県立医科大学付属病院にて研修。
1989年和歌山県立医科大学大学院入学。
1993年腫瘍浸潤リンパ球の研究をテーマに医学博士号を取得。
1992年~1995年米国、ロサンジェルス、シティーオブホープがん研究所 留学、同講師就任。
1995年帰国、和歌山県立医科大学第2外科助教就任。日本で初めての樹状細胞療法をおこなう。
2000年東京大学医科学研究所講師就任。
2005年に准教授就任。
2010年バイオベンチャー社長就任。
日本で初めてがんワクチンの臨床試験をおこなう。 2016年昭和大学臨床免疫腫瘍学講座教授に就任。
30年以上も免疫療法の研究・開発を行ってきた日本の第一人者として、免疫療法の正しい知識の普及に努めている。
詳細はこちら

業績を伸ばすための”守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:ノバリ株式会社
  • 著者:太田 裕二

制作の背景

リスクマネジメントについて解説した書籍は少なくありませんが、いずれも理論の学習であったり、実務としてどういうものかを理解するための読み物であり、平易かつ実践的に書かれたものはありません。そのような背景から、知識のない読者でも簡単に理解できて、実践のヒントまで得られるよう、制作をスタートしました。

●著者プロフィール●
太田 裕二(オオタ ユウジ)
ノバリ株式会社代表取締役社長。1972年、静岡県生まれ。大学を卒業後、外資系最大手のAIU損害保険株式会社に入社。1,200名の中で全国1位の営業実績を挙げたあと独立。2002年1月、損害保険の乗合代理店であるノバリ株式会社を設立し、代表取締役に就任。様々な業種に適した損害保険を網羅し、リスクマネジメントの「プロエージェント」として、それぞれのクライアントに合った保険を提案している。
詳細はこちら

血流を整えれば頭痛・腰痛は消える

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:丸山浩然
  • 著者:丸山浩然

制作の背景

多くの高齢者の治療に携わっている著者。多くの方が抱えている頭痛・腰痛に向き合ううちに、その原因は血流の悪化によるものだということに気づきます。血流と痛みのメカニズムをわかりやすくまとめ、血流改善のための簡単なポイントを周知したいという思いから出版を決意しました。

●著者プロフィール●
丸山 浩然(マルヤマ コウゼン)
医学博士
医療法人東海 理事長
医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師
愛知県名古屋市出身
1986年藤田保健衛生大学医学部卒
脳神経外科を専門とし、特に脊髄から末梢神経まで精通している。老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病患者の治療も行っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用。「気功医」として腰痛・頭痛や精神疾患、がんなどを抱える患者の治療を行い、支えとなっている。
日本脳神経外科学会員/日本救急医学会専門医/
日本高気圧環境・潜水医学会専門医
日本医師会認定産業医
詳細はこちら

改訂版 いい家は注文住宅で建てる

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社緑建設
  • 著者:齋藤 正臣

制作の背景

家族が健康に過ごせる「いい家」造りを追求し、「外断熱」「制震性」「無垢材」の注文住宅に徹底してこだわってきた著者。「長持ちする理想の家を建てたいのなら、業者任せにせず、正しい知識と賢いオーダー術を自ら身に付けるべきだ」というメッセージを伝えるために制作がスタートしました。 改訂にあたり、省エネ対策に関する新たな法律に対応し、話題の「光熱費ゼロ住宅」の裏話や、宿泊体験型の住宅展示場のススメなど、最新の住宅業界のトピックを追加しました。

●著者プロフィール●
齋藤 正臣(サイトウ マサオミ)
1973年、神奈川県相模原市生まれ。株式会社緑建設代表取締役社長。高校卒業後、小売業系の会社に就職。その後商社への転職を経て、20歳の時に緑建設へ入社。父であり前社長の齋藤進氏の下で現場監督8年、営業職10年の下積み修業を経て、2011年より現職に就任。1973年に創業した先代の、“家は「売る」ものではなく、お客様のこだわりを叶えるために「造る」もの”という姿勢を貫いている。現職就任後は「いつでも真向勝負」をモットーに外断熱工法の木造注文住宅に徹底してこだわり、お客様にとって「住み心地」のよい家の在り方を追求し続けている。
詳細はこちら

どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:櫻井税理士事務所
  • 著者:櫻井成行

制作の背景

多くの個人事業主の事業をサポートしてきた櫻井氏。そこで気づいたのが、売上もしっかりあり、大した出費がないのに手元にお金が残らない人がいるという点でした。その多くが帳簿をしっかりとつけていないという問題を抱えていました。彼らは難しい、面倒という思い込みからお金の管理がずさんになってしまっていましたが、ひとたび帳簿をつけ始めたらどんどんお金がたまるようになっていったといいます。そこで本書では、櫻井税理士に寄せられた実際の相談内容から導き出した個人事業主が押さえておくべき5つのステップで簡単にできるお金の管理の方法をレクチャーします。

●著者プロフィール●
櫻井成行(サクライ シゲユキ)
税理士。1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。2007年11月より関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。
詳細はこちら

死ねない老人

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:医療法人社団杉浦医院
  • 著者:杉浦敏之

制作の背景

埼玉県川口市で高齢者医療に25年以上携わる著者。ここ数年、「生きているのが苦痛」「もう死にたい」と言う患者を多く見るようになり、なぜそのような感情を抱くのか、背景には何があるのかを高齢者へのインタビューを通じて一冊の本としてまとめたいという想いから執筆に至りました。

●著者プロフィール●
杉浦敏之(スギウラ トシユキ)
1988年、千葉大学医学部卒業。千葉県救急医療センターに勤務後、千葉大学医局研修を受け、千葉大学大学院で医学博士号取得。さいたま赤十字病院に勤務し、2003年より医療法人社団杉浦医院院長、2004年より同医院理事長。日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント。埼玉県立大学、上尾中央看護専門学校で講師を務めている。大学卒業以来25年以上にわたり高齢者医療に携わっており、地域医療を充実させるために末期がん患者への在宅医療も行う。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼