事例

事例詳細

資産価値の高い家づくり22の知識
  • Amazonで買う

資産価値の高い家づくり22の知識

ISBN 9784344998254
クライアント ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
著者 川瀬太志 柿内和徳
初版発売日 2012/02/14
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

日本の家は30年で寿命を迎え、建て替えるのが一般的。つまり、35年のローンを完済しても、その時には家自体が価値のないものになってしまっているのです。しかし、欧米に目を向けると、100年以上も住み続けられる家が多くあります。その違いは何なのか? それは家を「資産」として考えるかどうかにあります。本書ではムダなコストを徹底的に排除し、「気密性」「断熱性」「耐久性」「耐震性」など、家の「性能」にお金をかけることで資産価値を高める方法を22の知識としてまとめました。

制作の背景

ハイアス・アンド・カンパニー様の家の性能・価値の向上を図るとともに住宅提供者・購入者間の情報格差を埋めるという思いを書籍で広く知らしめるべく、本書の制作はスタートいたしました。 いつまでも住み続けられ、価値の目減りしない家を建てるために購入者がどのような知識を身につければよいかに焦点を絞り、取材を進めていきました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら