事例

事例詳細

がんと生きる
  • Amazonで買う

がんと生きる 家族ががんになったとき医師が選ぶがん治療

ISBN 9784344997677
クライアント NPO法人 統合医療と健康を考える会
著者 天願勇
初版発売日 2011/01/31
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

がん専門医として3千例におよぶ手術を執刀してきた著者。しかし妻が子宮がんを発症。治療の甲斐なく亡くなりました。「手術・抗がん剤・放射線」の3大治療に疑問を抱いた著者は、「本当に有効な治療法」を追求。やがて「統合医療」に行きつきます。「統合医療は有効なのか?」「家族ががんになったとき、家族ができることは?」。患者や家族が抱える疑問を実際に体験した医師が語る「患者思いのがん治療」、その全貌を紹介。

制作の背景

手術・放射線・抗がん剤という「がん3大療法」に限界を感じている患者さんに統合医療(西洋医療にサプリメントなどの代替医療を組みあわせた治療法)を実践する医師を紹介しているNPO法人 統合医療と健康を考える会。しかし統合医療はまだ新しい分野で患者さんへの情報周知も正しくなされていない状況があります。そこで再発・転移に苦しむ患者さんやご家族に、がん治療の選択肢として、実績のある統合医療を紹介したいという思いから刊行に至りました。本書は特に「家族のがんと闘ったことがあり、そのときの経験から統合医療を実践し始めた」医師に焦点を当て紹介。読者に近い立場からの情報発信を心がけました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら