事例

事例詳細

ブラック・トライアングル
  • Amazonで買う
現在2刷

ブラック・トライアングル 温存された大手損保、闇の構造

ISBN 9784344997240
クライアント 弁護士法人サリュ
著者 谷清司
初版発売日 2010/05/27
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

日本では、1年間に100万人近くの人が被害者であれ加害者であれ交通事故の当事者になります。しかし、多くの日本人が、この交通事故被害者を蝕む、巨大な闇の存在を知らずに暮らしています。好感度の高いタレントを起用した大手損保会社のCMからは想像もできないような、“被害者いじめ”。見てみぬ振りをする裁判所、そして時代遅れの法律。この国が隠し続けた構造的な闇の存在が、「ムチ打ち症」の向こうに見えてくる――かつて、大手損保(加害者)側の弁護士であり、現在は正反対の被害者側の立場で戦う著者だから書けた、冷酷な事実を正面から見つめる一冊。

制作の背景

著者が代表を務める弁護士法人サリュには、全国から1000件の交通事故被害者からの相談があり、日々解決に取り組んでいます。しかし、示談交渉においていくら正当な主張をしても、損害保険会社の保険金「値切り」の手口、保険制度の問題、裁判所の対応などさまざまな壁に阻まれ、被害者が納得できる示談金が、なかなか支払われないのです。相手が巨大企業や国であるため、これまでマスコミさえもほとんど触れることのなかったアンタッチャブルな領域について、一人でも多くの読者に知ってほしい。そして、一歩ずつでも、被害者への補償が進むよう、世論を動かしたい。そうした著者の強い思いから出版が決定しました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら