事例

事例詳細

女性器コンプレックス
  • Amazonで買う

女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

ISBN 9784344994911
クライアント なおえビューティークリニック
著者 喜田直江
初版発売日 2016/10/21
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【愛する人と交わりたいのに交われない。「女性器コンプレックス」の女たち】

顔やスタイルなど、自分の姿形にコンプレックスを持つ人は少なくありません。
目の大きさ、鼻の高さといった見た目の部分は、すぐに人との違いが分かるため、他人と比較して落ち込むこともあるでしょう。しかし、一見してわからない体の部分に大きなコンプレックスを抱えている人も大勢います。 はっきりした統計はありませんが、性器の形状にコンプレックスを持っている女性は実は多く存在しています。思い詰めてしまう人の中には、「人生のパートナーだと思える人に出会っても関係を深められないまま終わってしまう」「パートナーの理解を得て結婚できたとしても性交渉ができず子供を持つことができない(未完成婚)」「婦人科健診を受けることさえも拒み続ける」……など、人生を大きく左右してしまう人が少なくありません。
本書では、数多くの女性たちを救ってきた女性医師が、知られざる「女性器コンプレックス」という病の実態から解決策までを解説します。

●contents●
第1章:愛する人と交わりたいのに交われない。「女性器コンプレックス」の女たち
第2章:パートナー、医師……彼女たちを追い詰める周囲の人たちからのひと言
第3章:コンプレックスが引き金となる。女の人生に暗い影を落とす「セックス恐怖症」
第4章:「女性器コンプレックス」を克服して、新しい人生を踏み出した女たち
第5章:恋愛、出産……コンプレックスを克服すれば、女の人生は輝きだす

制作の背景

女性器の形成は医療として確立されておらず、産婦人科医でも知識のある人は少ないのが現状です。思い詰めた女性が産婦人科医に相談しても、解決方法を提示されることはほぼ皆無。気にしなくても良い、我慢が足りない、といった心ない言葉をかけられて心の傷をさらに深めてしまうケースも少なくありません。
産婦人科医として女性の健康をサポートしてきた喜田医師は、そうした女性たちのコンプレックスを取り除くことに使命感を持ち、女性器形成を専門としたクリニックを開設。治療によって多くの女性たちの心を救ってきました。 同じ悩みを抱える女性たちに解決策があることを知ってもらいたい。そして女性としての幸せをつかみ取ってほしい――との強い思いから、悩める女性たちにエールを送る一冊として本書の執筆に至りました。

●著者プロフィール●
喜田 直江(きだ なおえ)
平成13年京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。
平成15年、形成外科医としての基本から縫合の技術まで幅広く習得。
平成18年、大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は日本でも有数の症例数を誇る。平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。
日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら