事例

事例詳細

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド
  • Amazonで買う

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

ISBN 9784344994591
クライアント 株式会社わかば経営会計
著者 大磯 毅/中山 昌則
初版発売日 2016/10/21
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【親が育てた会社を円滑に承継、継続させるために次期社長が知っておくべきお金とヒトの使い方 】

戦後70年を迎え、多くの中小企業に降りかかっているのが「事業承継」の問題です。
しかし、現社長のなかには景気の低迷、適当な人材の不在などの理由から廃業を考える人が少なくありません。また、社長の息子や親族などの後継者候補側も、知識不足や現社長の意志を尊重したいとの考えから事業承継に消極的な姿勢を取る人が多く、まだ成長する可能性のある企業がみすみす廃業となってしまうケースが後を絶ちません。
そこで本書では後継者候補が「適当な人材」となるために必要な知識を、税理士、中小企業診断士と公認会計士が徹底解説。多くの経営者が苦手とする財務分析のポイントや同族経営で多い人事トラブルの対策法など、円滑な事業承継から、会社を継続・発展させるために必要なテクニックを事例とともに紹介します。
高度成長時代を支えた日本の中小企業の勢いを再び取り戻すために、知っておくべき事業承継の教科書です。


●contents●
第1章:財産の引き継ぎ 編
第2章:事業の見直しと計画 編
第3章:財務の基本と戦略 編
第4章:組織のマネジメント 編
第5章:数値目標による経営管理 編
第6章:事業継承をテコに、後継者を中心とした経営改革を成功させる

制作の背景

本来、事業承継は企業にとって成長・発展するチャンスのはずです。ところが、自社株の移転で思わぬ高額納税が発生したり、相続財産を巡って親族トラブルが発生したりと失敗に終わるケースが後を絶ちません。公認会計士・税理士として、そして中小企業診断士・経営コンサルタントとして企業の成長をサポートしている著者は、その原因の一つは後継者の知識不足にあるといいます。事業承継では、現社長が抱えているトラブルを把握し、解決策を練ったうえで行われるのが理想ですが、とくに息子など親族間での事業承継の場合では受け身の承継となり、あまり理解のないまま経営の舵を握ってしまうケースが少なくないのです。それでは失敗に終わるのも当然です。そこで、次期社長となる人物が知っておくべき事業承継の基本と企業成長に必要な経営のポイントをわかりやすく伝えたいと、本書の制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
大磯 毅(おおいそ・たけし)
株式会社わかば経営会計代表取締役。
公認会計士・税理士・中小企業診断士。
1984年、兵庫県神戸市出身。
2006年、京都大学経済学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年に大磯経営会計事務所(現「わかば経営会計」)創業。「中小企業の未来を創造する」を経営理念に、事業承継・M&A・企業再生といった中小企業向けの財務・経営コンサルティングおよび税務サービスを展開。

中山 昌則(なかやま・まさのり)
株式会社わかば経営会計代表取締役。
公認会計士・税理士・中小企業診断士。
1986年、千葉県松戸市出身。
2009年、慶應義塾大学経済学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年より千葉県中小企業再生支援協議会に出向。数多くの中小企業の再生支援業務(経営改善支援、金融調整業務等)に従事。2015年4月に株式会社わかば経営会計代表取締役に就任。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら