事例

事例詳細

大本命 テキサス不動産投資
  • Amazonで買う

大本命 テキサス不動産投資

ISBN 9784344994577
クライアント リーバンズコーポレーション
著者 ニック市丸
初版発売日 2016/08/31
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性……米国テキサスの不動産は “世界最強”の投資対象だ!】

海外不動産投資で失敗しないためには、成長性、流動性、透明性、通貨力、そしてタックスメリットというポイントを総合的に見る必要があると言えるが、それらをすべて満たす国こそアメリカなのである。そして、アメリカの中でもさらに強みを発揮できる地域が「テキサス」だ。テキサスは日本人にとって、不動産投資の対象としては決して認知度が高いとは言えない。しかし実は、日本人が不動産投資をする対象として急速に魅力を増しているのだ。 本書はテキサスの1000ユニット以上の物件を日本人投資家に販売してきた著者が、テキサス不動産の知られざる魅力と購入に当たっての知識、投資戦略を徹底解説。

●contents●
第1章:経済成長性、圧倒的な通貨力、タックスメリット……海外投資で狙うべきは“米国不動産”一択
第2章:米国一の超高成長エリア、テキサスの不動産を買って儲けろ!
第3章:米国経済の魅力が凝縮された“The America”テキサス物件の投資価値を裏付ける、地域の特性とは?
第4章:安定性の高い州都ダラス、注目が集まるリゾート地コーパズ……州内のどのエリアを選ぶべきか?
第5章:日本にはない取引システム、住宅ローンの組み方……テキサス不動産購入に不可欠な基礎知識
第6章:インカムゲイン、売り抜け、信託活用……テキサス不動産投資で利益最大化を実現する戦略

制作の背景

成熟経済であり、人口も減少フェーズに入った日本では、国内市場のパイは縮小を続け、不動産マーケットの未来も決して明るくはありません。さらに1000兆円を超える財政赤字、超高齢化社会における社会保障費の増大、特に富裕層をターゲットとした課税強化など、日本で資産を持ち続けることに不安感を抱く人が増え、資産の新たな運用先として海外不動産に投資する動きが過熱しつつあります。そんな中、必ず資産を増やせる投資先としてテキサス不動産を紹介すべく、制作をスタートいたしました。

●著者プロフィール●
ニック市丸(にっく いちまる)
1953年生まれ。米国在住39年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産などの活用テクニックを指南するファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積む。2002年、ロサンゼルスのトーランスに、日本人向けに海外資産保有のトータルコンサルティングを行うリーバンズコーポレーションを設立。1000ユニットを超えるテキサスの管理不動産は、すべて日本人が購入している。不動産の豊富な販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。著書に『本命 米国不動産投資』(幻冬舎メディアコンサルティング)。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら