事例

事例詳細

UNLOCK
  • Amazonで買う

UNLOCK 凄ウデ鍵開け屋の“非日常”

ISBN 9784344993938
クライアント Rセキュリティ株式会社
著者 木村一志
初版発売日 2017/07/31
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【ホームレス生活から数年で年収3000万円まで駆け上がる! 凄腕鍵開け屋が実話をもとに綴る、仕事の裏側と青春の日々 】

18歳の夏、20万円だけを握りしめて田舎を飛び出し、東京へやってきた木村。 家も仕事も目標もなく、いきなりホームレス生活に陥る。なんとかバイトで食いつなぐ日々。人生に焦りを感じ始めた青年の脳裏に浮かんだのは、かつてテレビ番組で目にした「錠前技師」の姿だった。 ゼロから錠前技師の技術を身につけ、次第に凄腕の鍵開け屋として警察関係者にも知られるようになる木村。 開かずのマンションからベンチャー企業の家宅捜索、薬物常習犯の確保、韓国大富豪の巨大金庫、室町時代の宝箱まで、ありとあらゆる現場で鍵を開けていく。 事実をもとに描かれた波乱万丈のストーリー。 錠前技師の仕事の裏側、そして生き方が明かされる。

●contents●
第1章:金なし、職なし、やる気なし――どん底から錠前技師の世界へ
第2章:解錠のテクニックを習得せよ!一流の職人として新たな人生の扉を開く
第3章:富豪の大金庫、室町時代の謎の箱。難攻不落の鍵穴に挑む
第4章:ITベンチャーの家宅捜索、不審な死体との遭遇。意外な依頼者と事件の扉

制作の背景

国や時代を問わず、鍵は人々の生活に不可欠なセキュリティシステムです。シンプルな錠前からダイヤル式のキー、カードキーや指紋認証による電子錠など、技術の進歩に伴ってさまざまに進化してきました。 「錠前技師」とは、これらの鍵が意図せずに開けられなくなった場合に特殊な技術や道具を駆使して解錠したり、またセキュリティ強化のために鍵を交換したりする技術者です。 玄関の鍵を失くしてしまったり、車の中にキーを入れたままドアをロックしてしまったり、ダイヤル錠の暗証番号を忘れてしまったり……自らかけた鍵を開けられなくなる人は少なくありません。毎日、錠前技師のもとには依頼が舞い込み、24時間365日、鍵を開け続けているのです。 このように錠前技師は、人々の生活に不可欠な存在ですが、その仕事の実態はほとんど知られていません。どうすれば錠前技師になれるのか、どんな仕事をしているのか、どれくらい稼げるのか。業界でもトップクラスの腕前と経験を持つ著者が、自らの経験をもとに錠前技師という職業の裏側を明かしたのが本書です。 錠前技師の魅力を世の中に知らしめ、錠前技師になりたいという人を増やしていきたい。そのような著者の想いから本書は制作されました。

●著者プロフィール●
木村 一志(キムラ カズシ)
高度な解錠技術をもち、大田区を中心に錠前技師として活躍。乗用車や住宅はもちろん、オフィスビル、金融機関の大金庫まで、これまでに開けた鍵の数は10000件を超え、最新の電気錠や生体認証錠でも短時間での解錠が可能。あらゆるタイプの鍵の仕組みを熟知し、開けられなかった鍵はないという。その高い技術から警察関係者からの信頼も厚く、世間の関心の高い事件解決に協力した例も多い。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら