事例

事例詳細

その区分マンションは今すぐ売りなさい
  • Amazonで買う

その区分マンションは今すぐ売りなさい

ISBN 9784344993921
クライアント 株式会社 FGH
著者 渡邊勢月矢
初版発売日 2016/08/13
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【黒字の陰で進む破綻へのカウントダウン―― 赤字になる前に売り抜けろ! 物件の売り時を見極めて、キャピタルゲインを最大限確保する方法】

区分マンション投資にはリスクがあります。たとえば新築で区分マンションを購入し、サブリース契約がついている場合。見掛け上家賃収入が入る状態でも、物件本来の収益性が低いケースがあります。また収益性向上のためどんなにコストをかけても、今後、人口減少で物件の需要は確実に減っていきます。さらに現在、都内のマンションは一時的に価格が高騰しているが、オリンピック後には下落に転じることが実しやかに囁かれています。 そこで本書では、物件の売り時を見極めて、キャピタルゲインを最大限確保する方法について解説していきます。 東京オリンピック開催の影響で、価格高騰が続く分譲マンション。今を逃せば、もはや手持ちのマンションを高く売る機会は訪れないといっても過言ではありません。空室が続いて含み損のある物件の処置に困っている。所有している物件を高値で売却し、新しい収益物件を買い進めたい。そんな読者に向けた1冊。

●contents●
第1章:赤字になってからではもう手遅れ。収益が上がっている区分マンションにもリスクは潜む
第2章:”その区分マンション”の売価は、10年後にいくらまで下がるのか。最適な売り時を見極める「売却運用率」とは?
第3章:最速で物件価値を引き上げる。売却用「リフォーム×入居付け」の秘訣
第4章:”外国人投資家”と”買取再販業者”を狙え。高く買い取るターゲットの分析と売却テクニック
第5章:手放すべき区分マンションを高値で売ることで、投資成功への、「リスタート」を切る

制作の背景

縁あって不動産業界に飛び込み、何もわからないまま仲間と事業を始めた著者。創業9年目を迎えた2016年を第二創業期として、基本コンセプトに「顧客満足の最大化」を掲げ、お客様からありがとうと言われる会社、お客様に感動を与える会社にする施策を講じることにしました。本書が誕生した背景には、そのような経緯があります。 確かに不動産投資は、うまくやれば、有効な資産形成の手段となり得ます。しかし誤った物件を購入してしまえば、その先に待っているのは投資の破綻――そして、人生の破綻です。 事実、成功者の影で、失敗に泣いているオーナーも多いのが実情です。とりわけ新築区分マンション所有者の中には、不動産投資を知らずに始めて苦しんでいる人が多く存在します。そんな、藁をもつかむ思いの人々にとって、本書が救いとなれば……と、著者は願っています。

●著者プロフィール●
渡邊 勢月矢(わたなべ せつや)
大学卒業後、起業を目指して都内飲食店で下積み時代を過ごす。その後、中小企業の営業支援を行う会社に就職。不動産会社の案件を手掛けたことをきっかけに、「業界の古い体質を是正し、個人投資家の目線に立った売買仲介事業をしたい」との想いを抱く。2007年2月、株式会社アーバンフォースを設立。その後、賃貸・売買部門を独立させ、株式会社FGHを設立・ホールディングス化。グループ企業間で中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築し、不動産所有者、購入希望者双方のニーズを満たすサービスを提供し続けている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら