事例

事例詳細

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう
  • Amazonで買う

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう

ISBN 9784344993891
クライアント ライフ・プロデュース
著者 芹澤貴美子
初版発売日 2016/08/27
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【「資産」はどう分ける? 「相続税」はどう払う? 「相談相手」はどう選ぶ? 知識ゼロからやさしく学べる「院長夫人」のための相続対策】

開業医は、今、目の前にいる患者さんの命と健康を預かる、専門的な職業です。新しい医療技術のこと、新薬のことなど、たくさんの情報を常に仕入れていなくては務まりません。なかなかお金の知識を得るための時間はないのが現実です。 また院長という立場は、一般の経営者より孤独かもしれません。 だからこそ、奥様がご主人に寄り添う必要があるのです。奥様が医業経営者の妻として、いえ、経営陣の一員として、お金や相続に関することを把握していたら――院長が大きな失敗をする前にストップをかけることができるはずです。 医療法人ではない、個人経営のドクター夫人も同じです。女医や看護師として、奥様自身が活躍しておられる場合でも、大変だと思いますが、どうかお金のことや相続のことに関心を持ってください。 基本的なことを理解しておけば、顧問税理士にも具体的な相談ができるようになります。自分の意向も的確に伝えられるようになり、いいアドバイスを受けて、相続対策も進むでしょう。節税だってできるようになります。自分でお金をコントロールできるようになるのです。 成功者の陰に「良妻」ありです。 一家の大黒柱がご主人だとしたら、奥様はその柱を支える礎石です。揺らいでなんかいられません。どっしりと構えて、医業を継ぐ子も継がない子も、助けの必要な子も年老いた親も、そしてもちろんご自身も含めて家族全員の幸せを願い、太陽のように深い愛情をまんべんなく与え続けなければなりません。本書では、「相続・医業承継」対策における奥様の役割についてやさしく解説していきます。 家族全員の幸せを願ってやまない――妻であり、母であるあなたのための一冊です。

●contents●
第1章:院長夫人である「あなた」の役割とは
第2章:知識ゼロからやさしく学べる「相続のしくみ」と「基本ルール」
第3章:相続対策の「具体策」を実践してみましょう
第4章:相続対策をリードした「院長夫人たち」のケーススタディ
第5章:奥様へ、私が一番お伝えしたいこと

制作の背景

著者の芹澤氏は、大手生命保険会社で10年間、全国2位の成績を誇るトップ営業として、2000名以上の顧客のライフプランニングや相続・事業(医業)承継に携わってきました。そのサポートによって円満相続を叶えることができた開業医一家も、数多く存在します。 氏はそのキャリアの中で、開業医の家庭が一般家庭より多くの相続リスクを抱えていること、そのようなリスクを回避するためには「院長夫人」のはたらきが不可欠であることを確信しました。 なぜなら夫人の多くは、院長が知り得ない家族の人間関係を細かく察知・把握しているからです。また女性ならではのコミュニケーション能力で、家族の橋渡し役を担うこともできます。そして何よりも“母”としてどの子にも分け隔てなく心を砕き、全員の幸せを願って無償の愛で動くことができるのです。 一族の明るい未来をつくるのは、ほかでもない「院長夫人」自身である――そんな著者の強い想いから、本書は誕生しました。

●著者プロフィール●
芹澤 貴美子(せりざわ きみこ)
相続・事業(医業)承継コーディネーター。フィナンシャルプランナー。淑徳大学卒業後、養護学校教員を経て、日本を代表する大手生命保険会社に入社。全国2位の成績を誇るも、顧客を守るため2003年10月、株式会社ライフ・プロデュースを設立。「お客様が人生をかけて築いてこられたもの、想い、そしてお客様自身を守る」という理念のもと、2000人以上のライフプランニング、100社以上の法人コンサルティングを実施、サポートし続けている。コンサルタント養成塾も主宰し、業界への教育事業を推進している。 著者自身も相続を経験し、獣医師と大手木造住宅メーカーに勤務する2人の息子がいる。次世代につなげる様々な活動を実践し、特に医師家族の相続対策に強みをもっている。単なる節税だけではなく、気づきにくいリスクを読み解き、未来を守る知識がある。顧客一人ひとりの「想い」に沿ったコンサルティングは評判を呼び、日本のみならず、世界各地から相談に訪れる家族が後を絶たない。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら