事例

事例詳細

”うつ”からの完全復職バイブル
  • Amazonで買う

”うつ”からの完全復職バイブル

ISBN 9784344993761
クライアント 医療法人静心会
著者 藤田潔
初版発売日 2016/06/27
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【復職、休職を繰り返す原因は治療のミスマッチ。 「正 しい診断+リワークプログラム」を受ければ完全職場復帰できる。 多くの患者を復帰させた精神科病院の理事長が語る うつ・躁うつ病から最短で復職する方法。】

現代の日本人にとって「うつ」は非常に身近な存在で、15人に1人が一生のうちに一度はうつ病を発症すると言われています。また、うつ病と同一視されがちな「双極性障害(躁うつ病)」も実は多くの患者がいるとされています。躁状態とうつ状態を繰り返すこの病気は、躁状態の時は調子がよさそうに見えるため、症状が気づかれません。うつ状態の時だけが顕在化するため、「うつ病」と診断され誤った治療を続けてしまう傾向にあります。しかし、うつ病と躁うつ病はまったく異なる病気で、治療法も異なります。誤った治療法を続けた結果、症状が改善されず、社会復帰ができないというケースが多々存在するのです。本書では、うつ・躁うつ病患者がそれぞれの症状を正しく理解し、行動の癖を把握・改善しながら社会復帰を目指す方法を紹介します。

●contents●
第1章:終わりのない服薬、繰り返す復職と休職・・・社会から脱落していく「うつ」患者たち
第2章:うつ病・双極性生涯の見極めは困難—休職スパイラルに陥る原因とは
第3章:正しい診断で自分の症状を知ることが完全現場復帰への第一歩
第4章:1日でも早い職場復帰を目指すための基礎知識
第5章:二度と休職しないためには「リワークプログラム」を取り入れた治療が不可欠
第6章:本人、家族、医師、会社、4者の連携で不安のない会社生活を取り戻す

制作の背景

過酷な労働環境によりうつ・躁うつ病などの精神障害に至るケースは年々増加し、厚生労働省によれば「精神障害に係る労災請求・決定件数」は平成24年に過去最高を記録しました。それだけではなく、最近ではせっかくうつ・躁うつ病の治療が完了し復職することができても、すぐに再発して再休職に陥ってしまうという新たな問題も浮上しています。その原因は、自宅療養から職場での労働環境に突然移行することや、期待に応えようと初めから頑張りすぎてしまい、過度のストレスがかかるということなどが考えられます。充実したリワークプログラムを実践し多くの患者を職場復帰に導いてきた著者は、治療と復職準備についての正しい知識を伝えることで、ひとりでも多くのうつ・躁うつ病患者を救いたいと出版に踏み切りました。

●著者プロフィール●
藤田 潔(ふじた きよし)
医療法人静心会 理事長 桶狭間病院藤田こころケアセンター院長 医学博士 昭和36年愛知県生まれ。 昭和61年藤田保健衛生大学医学部を卒業後、藤田保健衛生大学大学院へ進学、同大学医学部精神医学教室助手に。平成4年米国メイヨークリニック精神医学教室に留学後、平成12年に医療法人静心会理事長に就任。 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本精神科病院協会認定指導医。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら