事例

事例詳細

一生健康に暮らせる住まいづくり
  • Amazonで買う

一生健康に暮らせる住まいづくり

ISBN 9784344993433
クライアント 株式会社トーワホーム
著者 渡邉和司
初版発売日 2016/05/31
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【関節痛、心疾患、アレルギー……etc. 投薬や通院ではなかなか治らない病気の原因は「住まい」かもしれない 】

一生の買い物になる家――。たいていの人は家を建てるとき、失敗したくないと念入りにリサーチします。予算を重視する人、デザイン性を優先する人など様々ですが、高額な買い物であるため、施工会社については知名度と安心感のある大手メーカーを選ぶ人が多いようです。 しかし、あまり知られていませんが、人生の大半を過ごすことになるマイホームは、身体の健康に大きな影響を及ぼします。多くの日本人は、健康と家との密接な関係を知らないまま、大手メーカーの標準的な設計の家を建てているのが現状です。こういった家は、健康への配慮が必ずしも十分とはいえないため、長く住み続けると病気になる恐れがあります。そうなると、高額な医療費がかかるばかりか、闘病のために人生の貴重な時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。 住宅が原因となって起きる身体の不調は、住環境を整えることで防ぐことができます。本書では、健康増進に役立つ家づくりとはどういうものか、どうすれば健康に暮らせる家を手に入れることができるのかについて、長年健康住宅の開発に取り組んできた専門家が解説していきます。

●contents●
第1章:関節痛、心疾患、アレルギー・・・病気を誘発する間違いだらけの家づくり
第2章:知らないと後悔する、住まいと気候の健康への影響
第3章:一生健康でいられる住まい7つの条件
第4章:快適な温度と湿度を実現する、工法・建材・設備の選び方
第5章:病を遠ざける「健康増進」5つの事例
第6章:生涯健康でいられる家を手に入れて、充実した人生の一歩を踏み出す

制作の背景

30年にわたり、家づくりに携わってきた渡邉和司社長。数々の家を手掛ける中、たどり着いたのが、健康に配慮した家づくりでした。特に季節ごとに気候が大きく変わる日本では、身体への負担も少なくありません。寝たきりのままで長生きするのではなく、健康的に長生きする。健康と家が深く関係していることを少しでも多くの人に知ってほしいという思いから、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
渡邉 和司(わたなべ かずじ)
昭和30年栃木県生まれ。ハウスメーカーに勤務後、61年に株式会社トーワホーム設立。数々の家づくりを手掛けるなか、住宅と健康の関係性について理解を深めるようになる。試行錯誤の末、夏は涼しく、冬は暖かい理想的な快適性が得られる家づくりを実現。住む人が健康に暮らせる「健康住宅」から一歩進んだ、健康寿命をのばすことを目標とした「健康寿命増進住宅」の開発に取り組んでいる。一般財団法人日本地域開発センターによる「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015」の優秀賞を受賞。株式会社トーワホーム代表取締役。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら