事例

事例詳細

改訂版 医学部受験の闇とカネ
  • Amazonで買う

改訂版 医学部受験の闇とカネ

ISBN 9784344974029
クライアント 東京医歯薬看護予備校
著者 長澤潔志
初版発売日 2016/01/27
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【講師歴30年の医学部専門予備校代表が明かす 医学部受験の歪んだ実態】

年々難化の一途をたどる医学部受験。その一発合格は至難の業とされています。その受験を勝ち抜くには、予備校の存在は否定できません。しかし、受験生を抱える多くの親たちは、予備校が掲げる合格率、授業料の総額、さらに講師の質に騙され、大事な子供を預けてしまっています。本書は、理想の教育を求め医学部予備校を立ち上げた異色の著者が、医学部受験の歪んだ実態を赤裸々に暴き、教育者と親のあるべき姿と、 そして真の教育とは何かを熱く語りつくします。


●contents●
第1章:並大抵のことでは乗り切れない医学部受験の高い壁
第2章:拝金主義と嘘で成り立つ医学部予備校
第3章:親の欲目、無知、思い込みが子供たちをダメにする
第4章:子供の成績が伸びるメカニズム、心が強くなる教育法
第5章:教師と親が持つべき教育観
第6章:できる講師の頭の中身

制作の背景

2011年11月に刊行された『医学部受験の闇とカネ』は、医学部受験の実情を明かす書籍として、各所でセンセーションを巻き起こしました。それから約4年。医学部志願者の数はさらに増え、合格枠をめぐる競争はますます激化しています。そもそも定員の少なさから狭き門とされていた医学部に、これまで以上に多くの志願者が殺到している――今、かつてないほど医学部合格のハードルは高くなっています。これに乗じて、受験生とその親を裏切るようなやり口で利益を享受している関係者も少なくありません。 このような医学部受験の歪んだ実態を暴き、医師になりたいという熱い志を燃やす純粋な受験生、またその親の力になりたい。そんな著者の想いから、本書は誕生しました。


●著者プロフィール●
長澤潔志(ながさわきよし)
神奈川県出身。日本大学大学院修士修了。東京農工大学大学院博士課程を中退後、国立感染研究所にて緑膿菌(病原菌)の研究に従事。アメリカン・ソサエティ・オブ・マイクロバイオロジーなどに研究論文を次々と発表する。その後、大学・専門学校・予備校などで教鞭をとり、教師歴は30年以上。現在、医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役として、その独特な教育法をもって、医学界に優秀な人材を送りこんでいる。主な著書に『偏差値40からの医学部合格術』、 『医学部一発合格!直前1カ月集中勉強法』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『病態栄養学双書』(共著/第一出版)などがある。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら