事例

事例詳細

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門
  • Amazonで買う

定年時に資産1億円を築く 30代サラリーマンのマンション経営入門

ISBN 9784344973695
クライアント 株式会社シノケンハーモニー
著者 相田健一郎
初版発売日 2015/12/02
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【「将来が不安」と感じているあなた、マンション経営はじめてみませんか?】

給料が思ったように上がらず、年金も期待できない…サラリーマンの多くが、定年後の生活費に関して大きな不安を抱えています。特に30代は、一般に結婚や出産など、生活面で大きな変化が起こり、今後必要となる資金について悩み始める世代です。今の30代が定年後に20年以上、不自由のない生活を送るためには年金を含めて8000万円以上の資金が必要だといわれていますが、結婚後の家族の生活費や子どもの養育費、家の購入費などを支出しながら、それだけのお金を準備しておくのは容易なことではありません。
そこで重要になるのが、お金を増やす手段です。
株式投資などで一山築こうとするのは余剰資金の少ないサラリーマンにはリスクが高すぎる、投資信託ではリスクは低くても定年までの30年足らずで数千万円をつくるなど到底不可能、30代になれば、転職で年収を大きく増やせるかどうかも未知数ですし、退職金や財産貯蓄などの制度が今後どうなっていくかも不透明。そんな中で、有効な手段となるのがマンション経営なのです。
本書では、資産形成に急ぐ初心者が陥りがちな失敗と、それを回避する為に有効なマンション経営とはどのようなものかをまとめました。そしてライフプランのなかで必要とされるキャッシュフローや資産の目標額を設定した上で、その目標をクリアするための投資額と具体的な返済計画の立て方を解説していきます。
ゆとりある人生のための資産形成を成功させるきっかけとなる1冊です。


●contents●
第1章:年収格差、年金不安、支出増加…サラリーマンも資産形成なしには生活が安定しない時代
第2章:投資のリスクは至る所に潜んでいる―――資産形成で初心者が陥る5つのワナ
第3章:リスクを抑え、他人資本で資産形成。サラリーマンのローリスクマンション経営
第4章:ライフプランと目標資産額を具体的に設定。マンション経営を成功に導く計画の立て方
第5章:「都心」「ワンルーム」が狙い目!自己資金ゼロから始めるマンション経営の極意
第6章:30代からの計画的な投資こそ、資産形成を成功に導く

制作の背景

不動産の専門家として10年間、投資用マンションの供給に携わってきた著者の相田健一郎氏。首都圏では2014年上期、15年上期と、マンションディベロッパーのなかで、投資用マンション販売供給戸数ナンバーワンの実績を上げていますが、物件を購入するお客様のほとんどは30代だといいます。
マンション経営のカギは「物件購入」だと思っている人が多いかもしれませんが、実はマンション経営成功の秘訣は「融資の受け方と借入の繰り上げ返済計画」にあるそうで、投資資金も投資の知識もないサラリーマンでも30年で1億円という資産を築くことも可能だと著者は断言します。
「マンション経営はライフプランの一部である」と考え、一人一人に合ったマンション経営の方法をコンサルティングしてきた著者の、「マンション経営でトータルなライフプランをサポートしたい」という願いから本書は執筆されました。


●著者プロフィール●
相田健一郎
株式会社シノケンハーモニー取締役部長、株式会社シノケングループ戦略本部部長。2015年8月より株式会社シノケンアメニティ取締役兼任。
2006年株式会社日商ハーモニー入社後、1年半で51件の販売実績を挙げ、シノケングループ全社でトップセールスに。そのうち約半数は紹介・リピート案件と、顧客からの信頼が厚い。2014年上期、2015年上期と、会社を首都圏の投資用マンション販売供給戸数ナンバーワンの実績に導く。現在も顧客の声に耳を傾け、不動産を用いたより良いライフプランの提案を行っている。住宅・不動産の専門誌「住宅新報」「週刊住宅」など掲載実績多数。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら