事例

事例詳細

コバック伝説
  • Amazonで買う

コバック伝説 新規客の8割がリピーター化する NO.1車検チェーンの秘密

ISBN 9784344973558
クライアント 株式会社コバック
著者 小林憲司
初版発売日 2016/05/30
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【 「車検は一生コバックでと決めています」顧客をファンにする まちの整備工場からNo.1車検チェーンへと成長した挑戦と伝説の物語】

日本初の全国展開を遂げた 「車検のコバック」。厳しい車検業界のなかで成長を遂げ、生き残ることができた秘密は、お客様へのサービスにありました。3か月で100通のファンレターをもらった従業員、コバックにほれ込むお客様、コバック加盟を通して、車検の仕事の誇りを取り戻した整備士…こうしたさまざまなドラマは、すべてコバックの「お客様満足度」という経営理念から生まれたもの。本書では、コバックが成長を遂げるまでの挑戦の日々、経営理念として従業員に浸透させた顧客サービスの在り方、そしてサービスを通して生まれた数々の伝説を紹介します。

●contents●
第1章:営業マン時代の葛藤、苦悶、そして挑戦
第2章:「車検製造業」から「車検サービス業」への脱却
第3章:「商品」を「満足感」にする新発想
第4章:コバック伝説-感動の車検ストーリー
第5章:「故障」を予兆し「命とお金と地球を守る」グループへ

制作の背景

日本全国で約450店舗を展開する車検チェーン会社コバック。父親の整備工場を受け継ぎ、周りから冷たい目で見られながらも革新的な取り組みを行い、結果ファンをつくり売り上げを伸ばすことに成功しました。著者がどのように失敗と成功を繰り返し、コバックを拡大させたのか。また、これからの歩みまでを一冊の本にまとめ、世の中に伝えたいと出版を決意しました。

●著者プロフィール●
小林 憲司(こばやし けんじ)
昭和38年愛知県豊田市生まれ。整備士になるため、高校卒業後に整備工場に修行に出る。車検、整備の技術を磨き、特に整備の速さでは社内一の技術を習得した。昭和59年家業であった小林モーターズに入社、専務取締役に就任し、会社の経営を任されることになる。「町の整備工場」であった小林モータ-ズを拡大するため、地域一番店を目指して、折り込みチラシ等でアピールしながら低価格車検を提案。昭和62年には、従来の町の整備工場というイメージを払しょくし、ショールームのような車検センター新豊田をオープンさせる。「早い!安い!安心!便利!」をモットーに、ほぼ毎年300~2000台近い集客増を実現した。これは全国の車検業界でもありえない数字であったため、全国から見学者が押し寄せた。  そこで、全国にノウハウを提供するため「車検のコバック」という名前でFC展開を決意、整備工場の近代経営を目指した。平成3年に半田市のFC第一号店をオープン、平成8年には代表取締役社長就任。全国444店舗を率いる。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら