事例

事例詳細

たった半年で次期社長を育てる方法
  • Amazonで買う

たった半年で次期社長を育てる方法

ISBN 9784344973428
クライアント 株式会社カメリアプランナー
著者 和田哲幸
初版発売日 2015/11/04
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【事業承継を最短・確実に実現する、引き継ぎマニュアル作成&運用法。】

中小企業は今後10年間、本格的な代替わりの時期を迎えます。帝国データバンクによると、日本の社長の平均年齢は2013年で58.9歳、1990年と比べて約5歳上昇しました。今後こうした社長たちが引退適齢期に突入します。もっと平たく言えば、団塊世代の本格退場によって、中小企業の”社長不足”が本格化する可能性が高いのです。
それでも「前もって事業承継に手を打つ企業」は少数派で、6割以上が後継者問題に頭を悩ませながら何も策を講じていません。しかし、後継者候補の有無に関して聞かれると、53.5%がすでにいると答えており、その候補者は65%が自分の子ども、22%が親族外の役員や従業員となっています。
このデータから、後継者候補はいるがただ先送りをしていることが見てとれます。理由としては後継者候補に対して経営者としての資質、能力の不足を感じているということ。
中小企業経営者が安心して会社を承継するにはどうすればよいのでしょうか。
本書では後継者に引き継ぐべきポイントや事業活動上の重要事項をマニュアルとして見える化・体系化し、それを活用して半年で承継するノウハウを分かりやすく解説。後継者の育成に頭を悩ませるすべての中小企業経営者の助けとなる1冊です。


●contents●
第1章:社内の高齢化、業績不振……後継者不在の会社に忍び寄るリスク
第2章:人材選定で迷い続け、タイムリミットを迎える経営者たち
第3章:後継者の早期育成を実現する「引き継ぎマニュアル」
第4章:親族内承継、従業員承継 承継相手によって異なる「引き継ぎマニュアル」の活用法
第5章:経営の「見える化」と「体系化」こそ、企業を永続させるカギ

制作の背景

事業承継にはトラブルがつきものです。
社長の突然の急死で、混乱の中会社を引き継がなければならなかったケース、次期社長と古株社員のソリが合わず、会社運営が難しくなってしまったケース、承継によって親子関係が崩れてしまったケース…。著者は、自身が経験した様々な承継のトラブルから、承継において確実に押さえなければならないことを導き出しました。それさえ押さえておけば、経営者としての自分の姿を振り返りながら、本当に理想的な承継への道を描くことができるのです。
中小企業経営者に寄り添い、トラブルのない承継をサポートするべく本書は制作されました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら