事例

事例詳細

「儲かる」社長がやっている30のこと
  • Amazonで買う

「儲かる」社長がやっている30のこと

ISBN 9784344973374
クライアント ステップアップ税理士法人
著者 小川正人
初版発売日 2015/11/12
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【儲ける技術を身につけて、個人資産1億円の経営者になる!】

改善の兆しが見えてきたといわれる日本経済ですが、その恩恵を受けているのはほとんどが大企業であり、多くの中小企業はむしろ窮地に立たされているのが現状です。
円安による原材料費などの高騰、人件費上昇や電気料金の値上げが経営を圧迫する一方で、国内市場は縮小傾向にあるにもかかわらず、自由貿易の拡大や規制緩和の進展等により、海外企業との競争は更に激化の一途を辿っています。経費は増える一方、売り上げは伸びず、利益が出ても税金の支払いでもっていかれる。生き残ることさえ厳しくなっている経営環境において、着実に「儲け」を出し続けることは不可能なのでしょうか。
本書では、経営の実態を掴むデータの見方や、融資を受けやすくして資金繰りを楽にする決算書の作り方、利益を最大限手元に残すための節税ノウハウに加えて、コーチング理論に基づいた、経営者に刷り込まれている偏った思考や誤った行動をもたらす感情のマネジメント方法など、「儲かる」社長が実践している“30のこと”を具体的にまとめました。


●contents●
第1章:忙しいのに儲けがでない。ますます厳しさを増す中小企業の経営環境
第2章:儲からない原因を突き止め高収益体質に変える「数字の読み方」10のこと
第3章:儲けたお金をしっかり残す「税金対策」10のこと
第4章:儲かる企業体質を築くための「社員教育&組織構築」10のこと
第5章:儲ける技術を身につけて、年収3000万円、個人資産1億円の経営者になる

制作の背景

税理士として20年以上、中小企業の経営コンサルティングを行ってきた著者。「儲け下手」な社長には、会計・税務に関する誤った思い込みのために、儲かるために必要なことよりも儲かる見込みのないことにこだわり続けるという共通点があるといいます。
多くの「儲からない」「赤字で苦しい」という悩みを抱える経営者の方々に、誤った思い込みから抜け出し、「儲かる社長」へとステップアップしてほしいとの思いから、本書は制作されました。


●著者プロフィール●
ステップアップ税理士法人代表社員・税理士・行政書士。
1960年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、税理士事務所を遍歴し、89年に税理士登録。95年、神奈川県厚木市にて独立開業する。2013年4月に経営革新等支援機関に認定される。
日々の経理・会計、税務申告、顧問業務のみならず、経営診断・財務診断、経営計画の作成支援などを行い、財務に強い会社作りを支援。また、税務や会計にとどまらず、3C(カウンセリング、コーチング、コンサルティング)のノウハウを用いて、お客様が幸せに成功するためのお手伝いをしている。神奈川県中小企業家同友会では10年以上セミナーを実施し、延べ1000名を超える経営者に元氣を届けている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら