事例

事例詳細

福祉と介護 「7K」職場の改善術
  • Amazonで買う

福祉と介護 「7K」職場の改善術

ISBN 9784344973169
クライアント 県央福祉会
著者 佐瀬睦夫
初版発売日 2016/03/03
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【介護・福祉の職場のネガティブ7Kを「希望」「期待」「感謝」「感動」「感激」 「可能性」「快感」のポジティブ7Kへ変える。 人材が集まり、働く人が幸せを感じる職場のつくり方】

日本の社会・経済の変化に対応し、社会福祉事業全体が見直される今日。障害者への福祉サービスもまた、社会的なノーマライゼーション理念の一般化とともに自立支援と社会参加に向けて大きく変わりつつあります。
一部に「7K」ともいわれる厳しい労働環境の一方で、従来の閉鎖的施設の枠を超え、福祉従事者と障がい者の双方にとって真に幸福な福祉施設のあり方とはなにか。
40年以上にわたって福祉事業を拡大してきた先駆者がその仕事の魅力を語るとともに、7Kと揶揄される職場改善のヒントを提示します。     

●contents●
第1章:少子高齢化と7K職場。人材難が加速度的に進む福祉・介護業界
第2章:キーワードは「地域との共生」。大転換期を迎える障害福祉制度
第3章:「7K業種」と呼ばれない労働環境と福利厚生。人材が集まる福祉・介護の職場作り
第4章:「ネガティブ7K」から「ポジティブ7K」への職場改革が、人材難からの唯一の脱却法

制作の背景

社会保障改革や少子高齢化の進行などにより変革を迫られる日本の福祉。現状の制度的問題点と現場福祉従事者に強いられる7Kの現状など、大転換の岐路に立つ業界全体に存在するさまざまな問題をあぶり出し、将来的な日本での福祉施設の可能性に迫ります。

●著者プロフィール●
佐瀬睦夫(させ むつお)
1947年福島県生まれ。69年駒澤大学法学部卒業、70年日本社会事業学校専修科卒業。69年社会福祉法人子どもの生活研究所入社。70年社会福祉法人唐池学園(児童養護施設)入社。75年子どもの生活相談室(障碍児母子療育施設)を開設。83年社会福祉法人県央福祉会ふきのとう舎(知的障がい者通所授産施設)の開設にともない理事・園長に就任。96年県央福祉会常務理事就任。2012年から現職。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら