書籍情報

“楽器可防音マンション経営”で実現する鉄壁の資産防衛
  • Amazonで買う

“楽器可防音マンション経営”で実現する鉄壁の資産防衛

ISBN 9784344973114
クライアント ツナガルホールディングス株式会社
著者 大塚五郎右エ門
初版発売日 2016/03/03
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【超ローリスク・ハイリターンで手に入れる、長期安定収入が資産防衛のカギ 30年後も相場の1.5倍の賃料で貸せる、究極の賃貸マンションとは】

資産を守り抜くには「投資」で増やすしかない時代――
しかし、株や債券、投信といった人気商品はリスクばかりが大きく、資産を食い潰す危険性をはらんでいます。 長期にわたり安定した収入を得るために、いまもっとも注目すべきは収益不動産への投資です。 「希少性」「将来性」「好立地」の一棟マンション、とくに「楽器が弾ける防音物件」ならば、 時流に左右されず、鉄壁の資産防衛を実現できるのです。

●contents●
第1章:株、債券、投信……安心・安全はウソ!資産家を惑わす、リスクだらけの資産防衛
第2章:ローリスクで長期安定収入を得るために……資産は収益不動産への組み換えで守り抜く
第3章:「希少性」「将来性」「好立地」の一棟マンションこそ、収益を生み出し続ける不動産の絶対条件
第4章:マンション経営は、30年経っても入居者が耐えない「楽器が弾ける防音物件」で始めなさい
第5章:時流に左右されず、常に満室を維持できる仕組みで鉄壁の資産防衛を実現する

制作の背景

増税やインフレによって、資産家を取り巻く状況は非常に厳しいものになっています。資産防衛のため、さまざまな手が打たれていますが、株式投資などは有効な手段とはいえず、ただ預けているだけの預貯金も価値が目減りする一方。資産を守るためには、どうしたらよいのでしょうか。
大塚五郎右エ門氏は、鎌倉時代から700年続く、大田区で一番古い地主の27代目。資産家に向けた「相続税対策・資産承継等に貢献できる賃貸マンション経営」の提案を行うなかで、入居者が途絶えず、収益を上げつづける“楽器可防音マンション”が最適であるとの確信を得ました。
本書では、永続的な資産防衛を実現するための、不動産投資の手法を詳しく解説します。

●著者プロフィール●
大塚五郎右エ門(おおつか ごろうえもん)
ツナガルホールディングス株式会社、ツナガルデザイン株式会社代表取締役。University of Wales(英国国立ウェールズ大学経営大学院)にてMBAを取得。鎌倉時代から700年続き、「大田区で一番古い地主」といわれている27代目。一級建築士、宅地建物取引士。不動産コンサルティングマスター。 土地有効活用の企画・資産組み替え・設計・仕入・ファイナンス・開発・賃貸・管理まで、オーナーの手を煩わせることなく、「ワンストップ」でサポートしている。資産家に向け、「相続税対策・資産承継等に貢献できる賃貸経営」の提案を行う。2015年、日本初の集合住宅の防音構造(「全戸三重防音構造」)で特許を取得。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら