事例

事例詳細

職場改革で実現する 介護業界の人材獲得戦略
  • Amazonで買う

職場改革で実現する 介護業界の人材獲得戦略

ISBN 9784344972933
クライアント 社会福祉法人愛川舜寿会
著者 馬場拓也
初版発売日 2015/09/25
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【ホスピタリティの追求こそ、介護業界の人材不足解消のカギ。】

超高齢社会を迎えようとしている中で、介護業界では人材確保が急務と言われ続けてきました。しかし、厚生労働省の調査によれば、2025年に必要とされる介護職員数は237万~249万人とされていますが、2013年の調査では非常勤を含めても介護職員数は約177万人であり、介護労働安定センターの調査では、介護事業所の53%が従業員の不足感を訴えています。残念ながら、人材不足の解決策は見いだせていないのが現状です。人材確保・定着にもっとも”即効性”があるのは賃金を上げることですが、介護報酬が定けられているため賃金をあげるにも限界があります。
介護業界は人材の獲得数や定着率を上げることは不可能なのでしょうか。
本書では、アルマーニの元トップセールスマンという経歴を持つ社会福祉法人の経営者である著者が、介護の職場を若者が集まる魅力的な施設に変えるノウハウについて具体的に紹介します。ポイントは、人生のエンディング部分において、「その人らしい生活を継続させたい」「安心して人生の最期を迎えたいという夢を実現する」という介護のホスピタリティを追求すること。
介護業界全体のステージアップに繋がる1冊です。


●contents●
第1章:10年後に80万人の職員が不足。介護業界を襲う未曾有の人材問題
第2章:制度、職場環境、イメージ―――人材獲得を阻害する三つの障壁
第3章:介護現場を、若手が集まる魅力的な職場に変える「四つの改革」
第4章:地元の「マイルドヤンキー」を戦力化する、地域密着の介護システム
第5章:旧来のイメージ払拭が、介護業界で働き手を集める一番の近道

制作の背景

イタリアのファッションブランド「ジョルジオアルマーニ」を経て介護業界へ転職した著者の馬場拓也氏。その転職の理由は、介護が最上級のホスピタリティを要求される仕事であり、「アルマーニよりさらに高いステージでホスピタリティを試したい」というものでした。社福の仕事が大好きで、誇りを持って働いているという著者は、「とても魅力的な仕事なのに、なぜ人が集まらないのか」と人材不足を歯がゆく感じ、介護業界の改革を訴え続けるなかで、「ホスピタリティの追求」と「魅力の発信」という課題に行き着きました。
介護という仕事に対する価値観を共有し、一緒に歩んでくれる仲間を一人でも多く見つけたいとの思いから、本書は制作されました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら