事例

事例詳細

ペット治療の嘘
  • Amazonで買う

ペット治療の嘘

ISBN 9784344972896
クライアント 株式会社ドクターノリコ
著者 宮野のり子
初版発売日 2015/08/28
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【ペット治療の世界はたくさんの「嘘」で塗り固められている】

ここ30年ほど日本にはペットブームが到来しており、ペット業界は年々盛り上がりを見せています。ペットの飼育頭数増加に伴いその健康ニーズも高まっており、巷には多くの動物病院が開設され、獣医師の数も年々増加しています。また同時に、ペットのヘルスケアをめぐる市場も年々拡大し、動物病院ではヘルスケア関連商品・サービスの斡旋が行われるようになっています。
こうしたペット業界の熱気や“愛するペットと1日でも長く一緒にいたい”という飼い主の願いとは裏腹に、ペット治療の世界には知識不足な飼い主を騙そうとする「嘘」が虚実綯い交ぜで蔓延っています。投薬や手術は獣医師にとって金儲けの手段になるため、本当は手の施しようがない高齢のペットに無駄な延命治療を進める獣医師が多く存在したり、実は動物のからだに負担をかけるペットフードが品質の良さをうたって販売されていたり、副作用をもたらす恐れのあるサプリメントや効果が実証されていない健康器具などが市場に堂々と出回っているのです。
これらの「嘘」に騙されないためには、しつけや動物の生態、病気について基本的な知識を持つこと。飼い主が賢くなることで、愛する家族を「嘘」の魔の手から守ることが可能になるのです。本書では飼い主が見落としているペット治療の「嘘」と、ペットのヘルスケア関連商品・サービスにまつわる「落とし穴」に言及していきます。
今そばにいるかわいいペットたちと最期のときまで悔いのない時間を過ごすために大いに役立つ1冊です。


●contents●
第1章:愛する「家族ペット 」を 死に追いやる、獣医師任せの健康管理
第2章:レベルの低い獣医師を量産し続ける、日本の獣医系大学
第3章:治療法を知らず、治すつもりもない獣医師―——がん治療の嘘
第4章:獣医師による「テキトーな処方」が命を縮める―——ペット専用薬の嘘
第5章:未病指導を行える獣医師はほぼ皆無―——予防医療の嘘
第6章:ペットの「心」には、9割の獣医師が無関心―——メンタルケアの嘘

制作の背景

ペットブームをうけて加熱するペット業界。しかし、日本の動物医療や動物愛護が欧米諸国から批判を受けていることをご存知でしょうか。捨てられてしまう犬猫が多く殺処分が続いていることやペットショップでの生体販売、ペット業界だけでなく、獣医師の教育環境や飼い主の無知もバッシングの対象です。そうした声があるにも関わらず、日本のペット関連会社は次々と商品を開発し新たなサービスを展開。飼い主の無知に付け込み騙そうとする「嘘」が蔓延っているのです。
著者の宮野のり子氏は、40年間獣医師として動物たちの診療を行ってきました。長きにわたる臨床を経て、自然療法中心の病院を開業し、他の動物病院で騙されて被害を受けてきた飼い主の相談を受ける、ペットケアにおける「嘘」を暴く”最後の砦”になってきました。
その経験から著者は、飼い主が賢くなることで、悪質な業者に騙されることもなくなり、未熟な獣医師の誤った治療に泣き寝入りすることも防げると断言します。飼い主と動物たちの幸せに少しでも貢献したいとの思いから、本書は誕生しました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら