事例

企業出版(ブランディング出版):HOME > 事例 > 犬の家庭医学 最新版

事例詳細

犬の家庭医学 最新版
  • Amazonで買う

犬の家庭医学 最新版

ISBN 9784344972483
著者 共立製薬 編
監修者 石田卓夫
初版発売日 2015/08/03
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【ドッグオーナー必見!愛犬と幸せに暮らすための知識が詰まった本】

愛犬と幸せに暮らすためのいちばんの条件は愛犬が健康であること、次に求められるのは誰からも愛される存在であることです。その条件を満たすためには、正しいしつけとマナー、そして獣医学的なケア受けていることがもっとも大切で、獣医学的なケアとは、単に病気になったら治療するのではなく、家族の一員としての健康管理全てを含むものでなくてはいけません。
本書では、愛犬がストレスフリーで過ごすための社会化や習慣化、健康なからだをつくる日常のヘルスケア、しぐさや気になる症状からSOSを見分ける方法などを、犬を家族に迎えたばかりの方にもわかりやすく解説するとともに、各専門獣医師監修のもと部位別によくわかる病気辞典も掲載しています。
『病気になってから読む本』としての役割だけでなく、『病気にさせないために手に取る本』としての役割も果たす、今までの動物の病気本とは一線を画す書籍となっています。


●contents●
序 章:人生を豊かにしてくれるコンパニオンアニマル
第1章:早期発見で重症化させない! 気になる症状、しぐさ、行動で病気をチェック
第2章:愛犬の健康な体をつくる、毎日のヘルスケア
第3章:部位別でよくわかる犬の病気辞典

制作の背景

犬の飼い主であれば、誰しもが「愛犬にずっと元気でいてもらいたい」と願うのは当然のことです。しかし、誤った飼い方をしてしまうと、寿命を縮めてしまったり、事故や病気で命を落としてしまうこともあります。
犬には、本来「痛み」や「不調」を悟られないようにする本能があり、元気そうに見えても、病気やけがを我慢していることもあるため、飼い主が正しく愛犬の健康を守ることが大切なのです。
犬が1日でも長く幸せに家族と暮らすための指針になればという思いから、本書は制作されました。

関連書籍

獣医の手術は間違いだらけ

獣医の手術は間違いだらけ 犬の「自然治癒力」を活かす治療

  • クライアント:有限会社岸上獣医科病院
  • 著者:岸上義弘
詳細はこちら
愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と </br>診断されたら読む本

愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と
診断されたら読む本

  • クライアント:日本どうぶつ先進医療研究所株式会社
  • 著者:上地正実
詳細はこちら
DOGFOOD食育読本

DOGFOOD食育読本 あなたのドッグフード選びは正しいですか?

  • クライアント:日清ペットフード株式会社
  • 著者:ペットフード向上委員会
  • 監修:仲野 博志
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼