事例

事例詳細

高活性化NK細胞で狙い撃つ 究極のがん治療
  • Amazonで買う

高活性化NK細胞で狙い撃つ 
究極のがん治療

ISBN 9784344971097
クライアント 医療法人 輝鳳会
著者 甲陽平
初版発売日 2014/12/19
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

治療実績5000例以上!
副作用なし、がんの種類もステージも関係なしの最新がん治療

1981年以来、日本人の死因第1位となっている「がん」。
2006年に成立した「がん基本対策法」により、「外科手術」「抗がん剤」「放射線」の三大療法を中心とした早期治療の体制が整えられ、がん患者の5年生存率はにわかに増加したものの、全体の死亡数は一向に減っていません。そこには「三大療法の限界」があるのです。
そこで近年注目を集めているのが「免疫細胞療法」です。患者さん自身の細胞を培養することで免疫力を上げ、がんを殺傷する治療法です。自身の細胞を使うため、副作用がなく、体への負担も少なく、他の治療法との併用も可能な「第四のがん治療」として期待されています。
本書では、免疫細胞療法の中でも最新かつ、がんへの高い攻撃力を期待されている「高活性化NK細胞療法」と複合免疫療法を中心に、これからの新しいがん治療とその効果について紹介していきます。

 

●contents●
第1章:三大療法が効かなければ、がんにはもう打つ手はないのか
第2章:がんを見つけて攻撃する「NK細胞」とは?
第3章:すべてのがんに克つ「高活性化NK細胞療法」
第4章:他のがん治療との併用でさらに効果を高める
第5章:症例に見る「高活性化NK細胞療法」
第6章:「高活性化NK細胞療法」は進行がんにも、再発・転移がんにも効く究極のがん治療

制作の背景

著者の甲陽平氏は、医療法人輝鳳会理事長であり、また池袋クリニックの院長として、「あきらめないがん治療」をテーマに、NK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた、最先端の複合がん治療を行っています。あらゆる角度から患者さまの免疫力を高めるための「複合免疫療法」は、「高活性化NK細胞療法」をメインに樹状細胞療法や自家がんワクチン療法、自立神経免疫療法、免疫サプリメント療法、超高濃度ビタミンC点滴療法など6つの治療法の組み合わせがあり、オーダーメイドな治療が可能となります。患者やその家族に治療を選択できることを知ってもらいたいという願いから、本書の刊行が企画されました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら