事例

企業出版(ブランディング出版):HOME > 事例 > サラリーマンが30代から「アパート経営」で 
年収を300万円以上増やす方法

事例詳細

サラリーマンが30代から「アパート経営」で 年収を300万円以上増やす方法
  • Amazonで買う

サラリーマンが30代から「アパート経営」で 
年収を300万円以上増やす方法

ISBN 9784344971066
クライアント 株式会社アメニティジョイハウス
著者 田脇宗城
初版発売日 2014/11/27
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【年収があと300万あればどうですか?】

広がる格差、上がらない給与、将来に備えた生命保険や家のローンに子どもの教育費…。働けど働けど出費は増える一方なうえに、将来に対するお金の不安も拭えないという30代のサラリーマンは多いでしょう。
年収がプラス300万、つまり月に25万円のプラス収入があればどうでしょうか。今の収入に加えてこれだけの金額があれば随分と異なるライフプランを描けるはずです。
では、どのように収入を増やせばよいのでしょうか?
出世でも、転職でも、株でもない。今の仕事を続けながら年収を300万円増やす、サラリーマンだからこそ成功するローリスクな資産形成手段がアパート経営なのです。
本書では、サラリーマンのためのアパート経営のノウハウを、余すところなくご紹介。元手をかけずに、時間を割くことなく、リスクを極力排除して、安定収入を得る方法を詳しく解説します。
絶対に失敗しない、アパート経営成功の法則が記された1冊です。

●contents●
第1章:30代後半で年収800万円以上ないと定年後に生活できない時代がやってくる
第2章:会社からサラリーをもらいながら「アパート経営」で副収入を得る
第3章:自己資金10倍のレバレッジで始めるローリスクの収支計画書
第4章:ローコストで建設・解体できる新築木造がアパート経営では最強の上物
第5章:誰もが欲しがる東京圏の土地を格安で手に入れる裏ワザ
第6章:ターゲットマーケティングの実践で空室の不安は解消できる
第7章:大家になるなら押さえておきたい不動産仲介の複雑な仕組み
第8章:プライベートカンパニーの設立で、百万円単位の節税効果を得る
第9章:経営が軌道に乗ったら2棟目、3棟目を建て、最後は悠々と暮らす

制作の背景

サラリーマンにとって将来の不安が広がるばかりの日本で、給料以外で収入を得るためにはどうすればいいのか。アパートを中心とした収益不動産の建築から管理までをトータルに手掛けるクライアントでは、こうした悩みを抱えるサラリーマンからの相談が以前よりも増えていました。
そこで、サラリーマンのためのアパート経営を書籍にまとめ、同じような悩みを抱えるサラリーマンに役立ててもらうことを目的として、本書の制作がスタートしました。

関連書籍

中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術

  • クライアント:株式会社リスクマネジメント・アルファ
  • 著者:小沢吾亘・町田龍馬
詳細はこちら
不動産投資を成功に導く </br>高収益マンション実例20選

不動産投資を成功に導く 
高収益マンション実例20選

  • クライアント:株式会社フェイス
  • 著者:フェイス(編)
詳細はこちら
30歳からはじめる</br>一生お金に困らない蓄財術

30歳からはじめる
一生お金に困らない蓄財術

  • クライアント:株式会社クレア・ライフ・パートナーズ クライアントインタビュー
  • 著者:工藤将太郎
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼