事例

事例詳細

変形地の価値を高めるマンションづくり
  • Amazonで買う

変形地の価値を高めるマンションづくり

ISBN 9784344952140
クライアント 株式会社環境建築設計
著者 宮坂正寛
初版発売日 2014/06/12
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【条件の悪い土地を有効活用する方法、教えます。】

別荘地のような斜面地、一角に他人の土地を挟む変形地、奥まった場所にある旗竿地…。
活用をためらってしまうような条件の悪い土地を活用するためには、その土地の潜在価値を引き出すことが重要です。本書では、そのために必要なデザインと土地活用の方法、さらには土地活用を考えるにあたって知っておきたい税制や建築関係の法規制を解説しています。
土地の潜在価値を引き出す「真のデザイン」とは何か。土地活用の結果、できた建物が順調に稼働するためにはどうすべきか。収益を生み出すマンション経営をするために必要な情報が満載の一冊です。

●contents●
第1章:地主を悩ます固定資産税と相続税
第2章:土地活用を阻む変形地、複雑な借地権
第3章:不利な条件を逆手に取ったデザインで物件の価値を高める
第4章:事例に学ぶ高収益を上げるマンション経営

制作の背景

著者である宮坂正寛氏は、建築設計者として東京や神奈川を中心に様々な条件の土地に賃貸住宅を設計してきました。そのうちの多くは宮坂氏が代表を務める不動産管理会社で管理し、稼働率を97%以上の水準に保っています。
本当はもっと価値を引き出せるであろう土地が、活用に困って放置されている状況を「もったいない」と宮坂氏は言います。
自身の考えや経験を広く知らしめることにより土地活用や資産維持に悩んでいる人に希望を見出して欲しい。そんな宮坂氏の思いから本書の制作がスタートしました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら