書籍情報

東京大停電
  • Amazonで買う

東京大停電 電気が使えなくなる日

ISBN 9784344918450
クライアント 株式会社ユニバーサルエネルギー研究所
著者 金田 武司
初版発売日 2018/08/02
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【エネルギー消費大国でありながら、その自給率はわずか8% エネルギーインフラが他国と連結しておらず、電力供給が逼迫する災害列島・日本 東京はまもなく暗闇に包まれる――日本に訪れる“未曾有のエネルギー危機”】

電気が使えない。 そんな世界を想像することができるでしょうか。 そもそも日本は世界有数のエネルギー消費大国であるにもかかわらず、自国にエネルギー資源がほとんどありません。 エネルギー供給のほとんどすべてを輸入に頼っており、自給率はわずか8%です。 本書では、長年、業界の最前線で活躍する研究者が、知られざるエネルギー危機について警鐘を鳴らします。

制作の背景

東日本大震災で日本は大きなエネルギー危機を経験しました。私たちは電力、エネルギーの重要性を学び、電力は「あって当たり前」「使えて当然」のものではないことが、あらためて浮き彫りになりました。 著者は福島第一原子力発電所にも足を運び取材して回りました。人々が、子どもたちが、高齢者が、家庭が、企業が、自治体がこの未曾有の事態にどう対応したかを取材し、なんとしても停電は回避しなければならないこと、そして想像を遥かに超える緊急事態にもかかわらず果敢に使命を果たした人たちがいたことを学びました。そのような背景から本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
金田 武司(カネダ タケシ)
1962年生まれ。株式会社ユニバーサルエネルギー研究所代表取締役社長。工学博士。1985年慶應義塾大学理工学部卒業。1990年、東京工業大学大学院エネルギー科学専攻博士課程修了。同年、株式会社三菱総合研究所入社。同研究所エネルギー技術研究部次世代エネルギー事業推進室長などを経て、エネルギー開発・研究活動を行う。また、東京工業大学など複数の大学にてエネルギー教育に関わる(非常勤講師等)。 NEDO技術委員、世界エネルギー会議(WEC)委員などを歴任。 2004年、株式会社ユニバーサルエネルギー研究所を設立。「ユニバーサル(普遍的な、すべてに共通している)な存在」を標榜する。同社は 独自性の高い事業構想に定評があり、特定の資本関係を持たない公平・ 中立な立場から日本のエネルギー施策に提言を行っている。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら