事例

事例詳細

地主を破滅に導く危険な相続税対策
  • Amazonで買う

地主を破滅に導く危険な相続税対策

ISBN 9784344918443
クライアント 株式会社EmiraiCorporation
著者 福本 啓貴
初版発売日 2018/07/03
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【「持っている土地に賃貸物件を建てましょう」 この一言が破滅への入り口! 地主の資産を狙う「相続税対策ビジネス」の実態と 確実に資産を残す方法を徹底解説】

地主にとって頭の痛い相続対策――。税制改正により相続対策ビジネスが盛り上がっていますが、多くの地主は相続対策の知識などゼロに等しく、営業マンの言いなりになってしまいます。その結果、「高利回り」「安定した家賃収入」など、甘い言葉に誘われて賃貸物件を建ててみたものの、結果として大損するケースが後を絶たないのです。一方で、一見安心とも思える税理士などの専門家に任せてみたものの、実は相続対策の知識に乏しく、結果として失敗してしまうケースも少なくありません。本書では、一般的な相続対策のハウツーではなく、相続対策で失敗しないために気をつけるべきポイントについて、多くの失敗事例をもとに解説します。

制作の背景

持っている土地に賃貸物件を建てましょう! 相続税を確実に減らせますよ――。昨今、相続税対策をうたってアパート・マンションへの投資を勧める不動産業者が増えています。「このままでは相続時に莫大な相続税が課されてしまう……」と思い悩んでいる人が少なくありません。そんな地主の不安につけ込むかのように、多くの不動産会社が相続税対策として賃貸物件の建築を競って提案しているのが現状です。しかし、「高利回り」「安定した家賃収入」といった甘いセールストークに誘われてアパートやマンションを建ててみたものの、物件の運用に成功している人はごくわずかに過ぎません。大きな損失を抱えて、「アパートなんて建てなければよかった」と後悔しているケースが後を絶たないのです。誤った相続税対策のせいで損害を被る可能性は誰にでもあります。そのようなケースを少しでも減らしたいという思いから、本書の執筆を決意しました。

●著者プロフィール●
福本 啓貴(フクモト ヒロタカ)
平成6年、不動産業界に飛び込む。競売物件や権利関係が複雑な物件などの売買を通じ、着々と不動産コンサルタントとしての腕を磨く。平成15年に独立。イーミライ・グループ各社を設立し、代表取締役に就任する。現在はイーミライ・グループ統括執行役員、最高経営責任者となり、数多くの相続案件を複数の専門家と連携してサポートしている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら