事例

企業出版(ブランディング出版):HOME > 事例 > よなげる

事例詳細

よなげる
  • Amazonで買う

よなげる ~生きづらさが噓のように消えるじぶん改革~

ISBN 9784344918375
クライアント 橋本敦生
著者 橋本敦生
初版発売日 2018/07/01
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【「淘(よな)げる」とは、「細かい物をざるなどに入れ、水中でゆすって必要なものをより分ける」こと 転じて、「心の『悪い癖』を取り払って、自身の性格・行動をよりよいものにする」こと―― 60年にわたり人の心に寄り添ってきた88歳の心療内科医がやさしく解説 「テンゲングラム」と「NLP」で“よなげ”れば、最高の人生が手に入る】

「生きづらい」「何をやってもうまくいかない」……。 そんな思いを抱えた男女が、現代日本には増えつつある。「生きづらさ」を解消するには、「自分の心のクセ」を取り除き、“よなげる”ことが重要だ。 著者は半世紀以上にわたる心療内科の臨床経験があり、コミュニケーション・能力開発・心理療法へのアプローチを目指す技法である「NLP(神経言語プログラミング)」を日本に広めた第一人者。心理療法のスペシャリストが、自ら開発した「テンゲングラム」と、生活習慣の変革を目指す実用心理学「NLP」を用いて、心のクセを取り除き本心を取り戻す“よなげ”の方法を解説する。

制作の背景

今現在も日本中で「自分はダメだ」「自分は生きる価値もない」「誰もわかってくれない」「生きる意味がわからない」……と苦しんでいる人は大勢います。このような思いに陥ってしまうのは、「心の癖」が偏っているためです。心の癖を自覚し、悪く出ないように身を修めていくと、素晴らしい個性として受け入れられ、愛され、信頼される人になっていくものです。このプロセスのことを「よなげる」といいます。一人でも多くの人が心の不安を解消し、人生を価値あるものとして生きていけるように――という思いから、本書の執筆を決意しました。

●著者プロフィール●
橋本 敦生(ハシモト アツオ)
1930 年生まれ。横浜市立大学医学部卒。74 年より湘南内科医院院長。米国生まれの心理療法「NLP」を国内に紹介した一人。内科医および心療内科医としてプライマリ・ケア、心身医療に励んでいる。訳書に『NLP のすすめ』(チーム医療)、監訳書に『こころを変えるNLP』『NLP ハンドブック』『NLP ヒーローズ・ジャーニー』『EFT マニュアル』『RESOLVE自分を変える最新心理テクニック』『テンゲングラム:お江戸[12 タイプ]性格診断』(以上 春秋社)ほか多数。既刊書籍は現在まで読み継がれるロングセラーとなっている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼