事例

事例詳細

特別養護老人ホームは「理念」で生き残る
  • Amazonで買う

特別養護老人ホームは「理念」で生き残る

ISBN 9784344916388
クライアント 社会福祉法人五葉会
著者 戸山 雅友・戸山 文洋
初版発売日 2018/03/23
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【特養を利用者の「我が家」に、職員の「やりがいの宝庫」に―― 職員と利用者の「楽しい」「嬉しい」「やりたい」を育てる方法】

介護福祉業界、最大の問題ともいえる人材不足。 特養においては、高い志を抱いて働き始めた職員でも、 仕事への意欲を失ってしまうような場面が数多くあります。 そんななかで、職員の離職防止に絶大な効果を発揮するのが、 「ご利用者様に寄り添いたい」「喜びをわかちあいたい」 といった職員の心情的な希望に応えること―― つまり、「働きがい」の提供です。 20年にわたり特養を運営してきた理事が明かす、 特養の「理念」を「理想」で終わらせず、 職員・利用者、双方の満足度を高める具体的な施策とは。
≪こんな方にオススメです≫
□介護業界の人材難に悩む経営者
□仕事のやりがいを見失いがちな職員
□ご家族の施設選びで迷っている方

●contents●
第1章:職員の離職を止められない介護業界の実情
第2章:職場の人間関係、施設の理念・思想――離職を招く根本原因とは
第3章:待遇改善やイメージアップよりも「働きがい」を提供することが人材定着のカギになる
第4章:ご利用者様に寄り添い、職員の働く喜びを生むコミュニケーションルール
第5章:ご利用者様お一人おひとりの願いを叶える「アクティビティケア」で職員の満足感も高める
第6章:職員がいきいきと働く施設だけが超高齢社会を生き残る

制作の背景

社会福祉法人五葉会を創設し20年にわたって特養を運営してきた戸山雅友氏、そして後継者であり法人の特徴ともなっている「アクティビティケア(Activity Care Team)=アクト(ACT)」発足者である戸山文洋氏。二人は法人全体に「理念」を根付かせ、介護福祉業界では革新的なアクトを採用するなど、職員定着率向上、利用者の満足度向上のために尽力してきました。その経験を活かし、人材不足が加速の一途を辿る業界の現状を打破したいとの思いから、本書の執筆をスタートしました。

●著者プロフィール●
戸山 雅友(トヤマ マサトモ)
社会福祉法人五葉会 理事長。 現さいたま市で農家の19代目として生まれる。時代に合わせた形で地域の人たちの役に立ちたいとの思いから、ガソリンスタンド経営などを経て、1997年に同法人を設立、理事長に就任。さいたま市内に特別養護老人ホーム見沼緑水苑など複数の事業所を展開している。

●著者プロフィール●
戸山 文洋(トヤマ フミヒロ)
社会福祉法人五葉会 理事、本部長、アクティビティケア・チームリーダー。 帝京科学大学大学院にてアニマルサイエンスを学んだ経験を活かし、介護福祉業界では革新的な、アニマルセラピーや音楽療法などの専門部署「アクティビティケア(Activity Care Team)=アクト(ACT)」を発足した。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら