事例

事例詳細

進行がん患者を救う「奇跡の治療薬」への挑戦
  • Amazonで買う

進行がん患者を救う「奇跡の治療薬」への挑戦

ISBN 9784344915473
クライアント 医療法人一条会(社団)
著者 髙橋 亨
初版発売日 2018/02/28
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【「副作用がほとんどなく、広範囲のがん種に有効」 1978年、東風陸之博士によって発表された衝撃的な研究結果。 あれから数十年の時を経て、人知れず継承されてきた研究は、ついに結実する――。】

50年以上も昔、脚光を浴びたベンズアルデヒドによる「幻の治療薬」がありました。悪性リンパ腫、舌がん、肺がん、すい臓がん……。数多くのがん種に効果を示したのです。その後、臨床試験の結果発表の記者会見を行ない、世間から脚光を浴びるはずでした。しかし様々な利権が絡むなかで妨害に遭い、ついに日の目を見ることなく世の中から忘れ去られてしまいます。それでも人知れず研究者たちはメカニズムの解明に迫り続けました。本書ではベンズアルデヒドによる治療薬のメカニズム・がん治療薬としての可能性について解説します。

●contents●
第1章:ヒントは旧約聖書にあった
    イチジクから発見された驚異の抗がん物質
第2章:副作用がほとんどなく、あらゆるがん種に効果を示す
    「従来のがん治療」と「驚異の抗がん物質」の違いとは
第3章:なぜ「奇跡の治療薬」は世に出なかったのか
    利権との闘い、そして失意の発表中止
第4章:親子2代、50年以上に及ぶ研究――
    解明されつつあるメカニズム
第5章:「奇跡の治療薬」が患者の手に届く日は近い

制作の背景

がんで苦しんでいる人が多くいる中で、ベンズアルデヒドというがん治療薬があることを、ほとんどの人は知りません。しかしながらその治療薬は50年以上という年月をかけて多くの人を救い、実績を積んできました。まだまだ研究段階ではあるものの、著者は少しでも多くの人にベンズアルデヒドによるがん治療薬の可能性を知ってもらうべく、本書を執筆しました。

●著者プロフィール●
髙橋 亨(タカハシ トオル)
1997年、日本大学医学部卒業。同年、医師国家試験合格。日本大学医学部附属板橋病院、駿河台日本大学病院(現・日本大学病院)、取手北相馬保健医療センター取手医師会病院、独立行政法人国立病院機構災害医療センターに外科医として勤務。2007年に医療法人一条会病院外科、2014年に一条会クリニック院長となる。資格、医学博士、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医。 所属学会は日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本癌学会等多数。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら