事例

事例詳細

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術
  • Amazonで買う

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術

ISBN 9784344914148
クライアント 株式会社ArgoNavis
著者 清水洋介
初版発売日 2018/01/30
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【「どうもうまくいかない」「なかなか儲からない」 これこそ株式投資で誰もが必ず直面する問題……。 そんな悩みを解決すべく、時代を超えても通用する、先人たちの投資成功術をまとめた一冊。 】

どんな時代にも通用する「株式投資の必勝法則」を読み解くヒントは、江戸時代の米相場に隠されていた!

現代のテクニカル分析にも通ずる手法で、時の将軍を超えるほどの財を成した二人の相場師、本間宗久(ほんまそうきゅう)と牛田権三郎(うしだごんざぶろう)。 ふたりが世に残した金言を現代のチャートに当てはめながら解説し、読めばすぐに誰もが真似できる「常勝無敗の株式投資術」を満載した一書。

<コンテンツ>
・千人の逆を行け――人が弱気のとき買い、強気なら売る
・天井買はず、底売らず――「腹八分目」で売り買いすべし
・底値買い重ねのこと――保ち合い相場が上げに転じたら買い増せ
・商急ぐべからず――上がり相場は「上昇の目標値」で売れ
・人気先走り――先の見込みで相場が上がっているときは売れ
など

●contents●
第1章:米も株も相場の法則は同じ 相場と向き合うための「心構え」とは?
第2章:万人が弱気になら、あほうになって米を買うべし--ドカンと上がる銘柄を底値でつかむ「買い」の極意
第3章:二割値上がれば十中八九、下落する--天井を見極めて利益を確定させる「売り」の秘訣
第4章:米商いは堪えることが大事--無用な商いで思わぬ損を出さないための「待ち」の心得
第5章:利益を倍々で増やす! 江戸の米相場を制した投資の「スタイル」

制作の背景

平成27年に日本証券業協会によって実施された全国調査によると、株式の購入意向を持つ日本人は、年収500~700万円の層では平成24年に13・7%だったのが22・1%まで増加。同700~1000万円では15・8%から28%、1000万円超では26・5%から46・3%まで増えています。景気の回復を背景に、株式投資の市場は活況を呈していると言えるでしょう。 それでも決して楽観視できないのがこの世界。事実、近年も相場下落が多数発生し、損ばかりしている投資家も少なくありません。 そこで著者は、自身の経験に基づいた知識のみならず、「江戸の米相場」で活躍した投資家の研究をもとに独自の株式投資術を編み出し、多くの投資家を指南。「江戸の相場師から学んだ投資のノウハウ」を活用し、相場の乱高下を見抜き、どんな時代も通用する株式投資術を広めるために本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
清水 洋介(シミズ ヨウスケ)
慶應義塾大学卒業後、1983 年に大和証券入社。ソシエテジェネラル証券、マネックス証券等を経て、2014 年5 月より株式会社アルゴナビスの代表取締役に就任、株式スクールを開校する。日系証券と外資証券、ネット証券で広く営業やディーラーを経験したことによる高い専門知識と、「江戸の米相場」の独自研究に基づいた相場観測や投資戦略で多くの投資家の成功をサポートしてきた。CS テレビ「日テレニュース24」「日テレニュース24TOKYO」、MX TV・三重テレビ放送ネット「TV ストックボイス生中継」出演。オンラインコラム「ダイヤモンドザイオンライン 『株』のとれたてニュース」、「辛口放談」連載中。『江戸の賢人に学ぶ相場の極意』(パンローリング)『DVD でわかる! 儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ出版)ほか多数の著書あり。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら