事例

事例詳細

「子なし」のリアル
  • Amazonで買う

「子なし」のリアル

ISBN 9784344914018
クライアント 株式会社ハーティスマイル
著者 奥平 紗実
初版発売日 2017/12/18
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【周囲の態度に傷つき、孤独死など、老後の生活に不安を感じてしまう 少子高齢化で孤立を深める「子どもがいない人」の実態と 多様性を尊重する社会実現へのヒントとなる一冊 】

近年、メディアで少しずつ取り上げられるようになった「子なし」問題。
 例えば、子どものいない人々を「子なし」と呼び、職場などで損な役回りを押しつけたりすることが実際に起きています。
 そればかりではなく、子どもがいない人々は、社会インフラの不整備から老後への不安を抱えているのが実情です。
 しかし、こうした思いを口にしたところで、
「子どもを産まなかった自分のせいでしょう」
「子どもを産んでいない分、ラクをしているんだから当然のこと」
 と言われかねず、人知れず複雑な思いを抱えているものの、理解されにくい現状に悶々としています。
多様な生き方を認めようという世の中の流れがあるにもかかわらず、“子どもがいない”というマイノリティーを容認する土壌はまだまだ整っているとはいえないのです。
本書では6人の子どもがいない人々へのインタビューを紹介しています。
職場での「子なしハラスメント」に苦しむ人、親の介護を引き受けながら「孫の顔を見せられなくて申し訳ない」と自責の念に駆られる人、もともと子どものいない人生を想定していた人など……。
 「子なし」たちの生の声を届けることで、子どもがいる人もいない人も、その生き方を尊重し合い、それぞれの道を幸せに生きていけるような社会を実現するためのヒントを提示します。

●contents●
第1章:無神経な発言、職場環境や社会インフラの不整備……。孤立を深める「子なし」の実態
第2章:生涯未婚率の上昇、DINKsブーム……。「子なし」が登場した社会的背景
第3章:「子なし」たちの声から読み解く。多様性を尊重する社会実現へのヒント
第4章:「子なし」から「ノンファン」へ。誰もが輝ける包容力ある日本社会を目指せ

制作の背景

少子化問題が深刻化している現状で、子どもを持たない人々の中には子どもがいない生き方について述べることには遠慮やためらいがあると考える人も少なくありません。子どもを生み育てることが賞賛される社会の中で、子どもがいない人は一種のマイノリティーです。そして、少数派であるからこそ、子どもがいないことの苦しみや悲しみについて声を上げることが難しいという現実があります。著者は、人知れず心を痛めている彼らにスポットを当てることでその存在が尊重されるようになり、子どもがいる人もいない人も双方が互いの立場を思いやり助け合える社会になってほしい、という考えのもと本書の制作を決意しました。


●著者プロフィール●
奥平 紗実(オクダイラ サミ)
東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒。大手電機メーカーの国際事業部をはじめ数社にて貿易、秘書、販促などの業務に携わり、約25年間一般企業に勤務。その中で担当したセミナーの企画、運営に興味を持ち、2016年4月、40代以降の世代に学びや交流の場を提供する株式会社ハーティスマイルを設立する。子どもがいない人のコミュニティ参加や情報交換の場が少ないことに問題意識を持ち、彼らを“ノンファン(Non Enfant)”、コミュニティを“SmileとSocial、Life of No Kids”から“SLINKS(エスリンクス)”と名付け活動を開始。交流の機会や情報交換を促進するため、Webサイトの運営や交流会、イベント開催を行うかたわら、ブログでの発信を続け、多くの読者の共感を呼んでいる。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら