事例

事例詳細

オーナー社長の後継者育成読本
  • Amazonで買う

オーナー社長の後継者育成読本

ISBN 9784344913967
クライアント 久保公認会計士事務所
著者 久保道晴
初版発売日 2017/10/27
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【理想の後継者は待っていても現れない! 次期社長の育成に特化した指南書 】

経営者の高齢化が進む中で、後継者不在に悩む企業が増えています。適任者が見当たらない、子どもに継ぐ意思がないなどの理由で次期社長の目途が立たず、やむなく廃業を選択する経営者も少なくありません。 本書はこうした悩める経営者に向けて、後継者を早期育成する必要性を説き、その具体的な方法まで解説しています。事業承継の手続きや税金対策について書かれた書籍は多数ありますが、育成からアプローチしたものはほとんどありません。後継者は育てるもの――後継者育成支援に特化した公認会計士による、新たな気づきとノウハウに溢れた経営者必読の一冊です。

・後継者育成の前提条件
・後継者選びの基準
・会社の現状整理と共有
・中期経営計画の共同作成
・育成と経営を兼ねたPDCAサイクル
・法務・税務の承継基礎知識
など

●contents●
第1章:目の前の仕事で手いっぱい、適任者がいない……後継者不在に頭を抱えるオーナー社長
第2章:後継者の自覚と意欲を引き出すことが育成の前提条件
第3章:育成ステップ1 後継者選び――親子/親族/たたき上げ/社外のメリット・デメリットを知る
第4章:育成ステップ2 後継者と経営状況を共有する――会社の現状をA4用紙1枚に整理する
第5章:育成ステップ3 後継者と中期経営計画を共同作成する――現状分析から5つの計画を立案する
第6章:育成ステップ4 経営計画の実行と改善――実際にPDCAサイクルを回す
第7章:育成ステップ5 承継対策―株式の承継に関わる法務・税務をおさえる

制作の背景

後継者がいないという理由で事業承継に頭を抱える高齢社長が増えています。しかしそれは、後継者がいないことではなく、育ててこなかったことが真の問題だという気づきから、著者は後継者育成支援の事業をスタートしました。 会社を継ぎ、発展させていく人材がいなければ、中小企業の多くは競争力を徐々に失い、やがて潰れてしまいます。補助金や融資を活用した延命措置を施すのではなく、次代の経営計画を組み立て、実行していく「人」の育成こそが求められているのです。 これまであまり着目されてこなかった後継者育成というテーマを投げかけ、より多くの企業がさらに発展していくきっかけにしたい。そんな著者の強い想いからまとめられたのが本書です。


●著者プロフィール●
久保 道晴(クボ ミチハル)
2006年、公認会計士試験に合格し、あずさ監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)に入所。2011年に退職後、経営コンサルティング会社を起業し、税理士法人の経営にも参画。 東日本大震災時の中小企業再生支援で後継者育成の重要性に気づき、事業を後継者育成に特化。「3つの資格(公認会計士・税理士・中小企業診断士)」で会計戦略・財務戦略・経営戦略の面から育成支援を行う。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら