事例

事例詳細

外国人と働いて結果を出す人の条件
  • Amazonで買う

外国人と働いて結果を出す人の条件

ISBN 9784344913868
クライアント 株式会社HRファーブラ
著者 山本紳也
初版発売日 2017/09/23
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【26カ国の企業と取引し、関わった外国人の国籍は56カ国 大手外資系コンサル会社の元パートナーが徹底解説! 外国人と渡り合うための絶対条件 】

日本人同士のビジネスと、外国人とのビジネスの間には、商習慣やマナー、企業文化など様々な面で大きな隔たりがあります。これからグローバルな現場で活躍したい若手や、漠然と不安を持つビジネスパーソンのために、外国人と対等に渡り合う秘訣をまとめたのが本書です。 語学力だけではカバーできない、外国人と日本人の文化的背景の違い、日本人が陥りがちな失敗パターン……などを明らかにしながら、外国人に認められ、円滑に仕事を進めるための「条件」を一冊にしました。

●contents●
第1章:「専門性」を身につけて活かす
第2章:「論点」を捉え「論理思考」で説明する
第3章:話し合いではなく「議論」をする
第4章:他人との「違い」を楽しむ
第5章:仕事も趣味も積極的に「経験」する
第6章:客観性だけでなく「感性」を大切にする
第7章:自らを深く理解し「自分軸」を持つ

制作の背景

著者は子どもの頃から、両親の仕事の関係で外国住まいを経験した帰国子女です。日本で生まれ、中学高校と海外で過ごし、大学入学の際に日本に戻ってきました。 その後、IT企業勤務を経てイリノイ大学でMBAを取得し、プライスウォーターハウスクーパーズジャパンに入社。最終的には人事コンサルティング部門のパートナーとして活動しました。PwC時代に同僚として共に働いた、あるいはクライアントとして接した外国人ビジネスマンの数は、延べ1000人を超えます。 そんな著者が持つ「外国人ビジネスマンと渡り合う」秘訣を一冊にまとめるため、制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
山本 紳也(ヤマモト シンヤ)
慶應義塾大学理工学部管理工学科卒、イリノイ大学経営学修士課程修了(MBA)。1999年3月から2014年6月まで、プライスウォーターハウスクーパースジャパンにおいてパートナーとして人事・チェンジマネジメント部門をリード。現在は株式会社HRファーブラ代表取締役として、大企業から中小企業まで幅広く組織人事コンサルティングや人材開発に取り組んでいる。著書に、『新任マネジャーの行動学』(経団連出版)、『21世紀の“戦略型”人事部』(共著、日本労働研究機構)、『人事の本気が会社を変える』(経営書院)など。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら