事例

事例詳細

中学生から大人まで読める本当はすごい日本人
  • Amazonで買う

中学生から大人まで読める本当はすごい日本人

ISBN 9784344913356
クライアント 株式会社ゼネラル
著者 深谷隆司
初版発売日 2017/08/15
価格 1,600円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【郵政大臣、自治大臣、通産大臣を歴任した自民党東京都連最高顧問が まったく新しい「日本人の歴史と今」を語った一冊! 】

本書では、著者が塾長を務める「温故知新塾」での講義をベースに、神話の時代から現在の憲法に至るまで、日本の歴史と日本人としてのあり方を、中学生でも読める平易な文章で解説していきます。「温故知新」は「古きをたずねて新しきを知る」ということわざとしても知られ、昔の出来事をしっかりと学ぶことで、未来に対する思考や方法を見つけようとする考え方を意味します。 温故知新塾の講義を受けた人の多くは、「自国の歴史がこんなに面白いものだとは知らなかった」「日本人のルーツを学び、将来のキャリアへの参考になった」などの気づきを得て、それを各自の仕事や社会活動に生かしています。 これからますますグローバル化が進む中、自分の国のことを深く知り、誇りを持つことのできる本書は、世界に日本をアピールする上で必要不可欠ともいえる一冊です。

●contents●
第1章:今見直すべき日本人の「すごさ」
第2章:天地自然すべてが神! 日本人の「すごい寛容」
第3章:ひらがな・カタカナ・漢字という“多様性” 日本人の「すごい創造」
第4章:学力だけじゃない“心の教育” 日本人の「すごい道徳」
第5章:家族愛から近隣愛へ、そして愛国心になる 日本人の「すごい思想」
第6章:国民の愛国心が明治維新を生み出した 日本人の「すごい開国」
第7章:日清・日露戦争は「アジア平和」のための戦い 日本人の「すごい正義」
第8章:真珠湾攻撃は宣戦布告されていた!? 日本人の「すごい精神」
第9章:日本に戦争犯罪人はいない! 日本人の「すごい事実」
第10章:今こそ日本国憲法を考えよう 日本人の「すごい未来」

制作の背景

自分が生まれ育った国――日本。母国に対して愛着や誇りといった特別な思いを抱くことは、ごく自然な感情といっていいでしょう。 しかし、日本という国がどのような国なのか、そこで生きてきた日本人がどのような人たちなのか、明確に説明することができる人はそう多くはありません。 学校教育で教えられる「日本の歴史」は、年代や固有名詞の暗記が中心で、日本人のアイデンティティの根源や、歴史のダイナミズムまで理解することはできません。そのため、多くの人たちが、日本人の本当のすごさを知らないままでいるのです。 そんな中、郵政大臣、自治大臣、通産大臣を歴任した自民党東京都連最高顧問である著者が、日本と日本人を知り尽くした者として、持てる知識を一冊にまとめるために本書の制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
深谷 隆司(フカヤ タカシ)
1935年9月29日浅草生まれ。元通産大臣、自民党東京都連最高顧 問。TOKYO自民党政経塾塾長。温故知新塾塾長。終戦を満州で迎 えた一年後、引き揚げて長崎県佐世保市浦頭港に上陸。祖国日本の 「土のあたたかさ」、迎えてくれた「日本人のやさしさ」に感動。その思 いを胸に政治家を志す。27歳で台東区議会議員に当選。33歳から都議 会議員を務めた後、37歳で衆議院議員となる。当選9回。郵政大臣(第52 代)、自治大臣(第47代)・国家公安委員会委員長(第57代)、通商産 業大臣2期(第64・65代)、自由民主党総務会長(第39代)、衆議院予算委員長、 テロ対策特別委員長を歴任。東洋大学大学院客員教授。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら