事例

企業出版(ブランディング出版):HOME > 事例 > 赤字経営でも驚異の高値で売れる中小企業の再生型M&A

事例詳細

赤字経営でも驚異の高値で売れる中小企業の再生型M&A
  • Amazonで買う

赤字経営でも驚異の高値で売れる中小企業の再生型M&A

ISBN 9784344913288
クライアント 株式会社OAGコンサルティング
著者 田中繁明
初版発売日 2017/07/31
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【なぜ、“現在価値ゼロ”の会社が2年後に数億円で売れるのか 】

自力ではもう事業を続けるのが難しい、後を継いでくれる人もいない――ビジネスモデルの劣化や後継者難で事業存続が困難になる中、リタイアを前提にM&Aによる会社の売却を検討するオーナー経営者が増えています。 しかし実際には、会社の売却を成功させるのは簡単ではありません。端的に言えば、他の企業が買いたくなるような魅力ある中小企業が少なく、譲受先企業の探索が難航するからです。 そのような状況でもM&Aを成功させるため、徹底した数値分析によって企業の現状とあるべき姿を炙り出す会計士のノウハウとM&Aの実戦経験をクロスさせて編み出したメソッドが、本書のテーマである「再生型M&A」です。 再生型M&Aとは、現在価値では売却が難しい中小企業に対して、まず経営改善を実施し、価値を向上させた上でM&Aを実行する手法です。 本書では、そんな再生型M&Aの手法を「経営改善パート」と「M&Aパート」の大きく二つに分けて解説します。 改善パートにおいては、現在の業績が非常に悪い会社でも、買い手にとって魅力的な会社に作り変える方法を3ステップで解説。M&Aパートでは、実際に買い手を選ぶ際のノウハウと交渉術を4ステップで解き明かします。

●contents●
Part1:企業価値を高め、買い手にとって魅力的な会社を作り上げる3STEP~定量分析に基づいた経営改革で、自社を”光る会社”に変える
Part2:最良の相手に最高評価で売却するM&Aの3STEP~売却の成否を決める“買い手選び”と交渉術

制作の背景

税理士法人グループであることの強みを生かし、徹底的な財務分析に基づいたM&Aアドバイザリーサービスを提供する著者が編み出したメソッド、「再生型M&A」。事業承継に悩んで会社売却を考えるオーナー経営者が増え続ける中、どんなに経営が苦しい会社でも売却を成功させる方法を世に広めるため、本書の制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
田中 繁明(タナカ シゲアキ)
1971年、東京都北区生まれ。大学院修了後、20 年もの間、企業財務に一貫して携わってきた。近年は、そのままでは売却が難しい会社に対して「経営改善⇒M&A」という流れをワンストップでサポートする「再生型M&A」のコンサルティングに積極的に取り組んでいる。財務分析力を強みに事業再生やM&Aのサポートを行う、株式会社OAGコンサルティングで代表取締役社長を務めている。著書に『飲食店の開業の仕方教えます:3 店までの財務』(柴田書店)、ほか事業再生や事業承継に関するセミナー実績多数。

関連書籍

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

  • クライアント:ASAKビジネスコンサルティング株式会社
  • 著者:浅岡 和彦
詳細はこちら
会社売却の心得28カ条

会社売却の心得28カ条

  • クライアント:企業活性パートナーズ株式会社
  • 著者:大塚武樹
詳細はこちら
「業界再編時代」のM&A戦略

「業界再編時代」のM&A戦略 No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」

  • クライアント:株式会社日本M&Aセンター
  • 著者:渡部恒郎
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼