事例

事例詳細

医療・介護連携で実現する 高齢者のための地域医療
  • Amazonで買う

医療・介護連携で実現する 高齢者のための地域医療

ISBN 9784344913202
クライアント 医療法人清水会
著者 佐藤貴久
初版発売日 2017/06/28
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【高齢者にとって必要な医療・介護の支援がどんどん手薄になっていく? 2025年を目前に控え、医師としていま何をすべきなのか? 医療+介護の双方からアプローチする、これからの新しい医療のかたちとは―― 】

2025年には団塊の世代がすべて75歳以上となり、全国民の3人に1人が65歳以上になると予想されています。これまでと同じ医療体制を続けていては、高齢者は自分の望む最期を迎えられないばかりか、増える高齢者によって医療費が膨張し、その削減のために病院でも家でも満足な支援が受けられなくなる可能性もあります。増え続ける高齢者に対して今後医師は何をすればよいのか……。 病院+介護施設の運営をとおして「地域医療」「高齢者医療」を真正面から考える医師が、自らの取り組みをもとに高齢者医療のあるべき姿を提言します。

●contents●
第1章:増える寝たきりの高齢者 超高齢社会の到来で限界を迎える日本の医療
第2章:高齢医療には介護との連携が不可欠 医師は良質な介護施設への橋渡し役
第3章:地域全体で高齢者医療に取り組む 医師が中心となり地域包括ケアシステムを構築する
第4章:「病気を診る」のではなく「人を診る」医師であれ

制作の背景

超高齢社会を迎えた日本――。目前となった2025年を前に、政府は高齢者の医療費を抑えるべく療養病床の廃止などさまざまな方針を打ち出しています。名古屋市で病院・介護施設を運営する著者は、そうした日本の医療制度を日々見つめながら、真の高齢者医療とは何かを考え続けています。病院・施設での取り組みや、目指す医療のあるべき姿を発信したいと、書籍の制作をスタートさせました。


●著者プロフィール●
佐藤 貴久(サトウ タカヒサ)
医学博士
医療法人清水会理事長
相生山病院 院長
1970年10月ニューヨーク生まれ。
1歳半で帰国し、以後名古屋で育つ。
1989年愛知県立旭丘高等学校卒業。1996年藤田保健衛生大学医学部医学科を卒業後、1998年より名古屋第一赤十字病院循環器科へ赴任。翌年に藤田保健衛生大学医学部循環器内科に帰局し、内科認定医、循環器専門医を取得。
2007年、相生山病院副院長に就任、2013年には院長に就任。 「患者に寄り添う医療」をモットーに、看護師や医師の対応、サービス等を改善するなどホスピタリティ向上に尽力している。
2016年3月、医療法人清水会理事長に就任。現在は高齢患者の健康寿命を延ばすため、認知症かかりつけ医・認知症サポート医として認知症予防や運動療法の普及にも積極的に取り組んでいるほか、介護施設も多数運営。地域で先駆けて「地域包括支援センター」として市の委託事業に参画。地域の医療・介護サービスの充実を目指している。趣味はトライアスロン。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら