事例

事例詳細

日本×世界で富を築くグローバル不動産投資
  • Amazonで買う

日本×世界で富を築くグローバル不動産投資

ISBN 9784344913158
クライアント 株式会社資産デザイン研究所
著者 内藤忍
初版発売日 2017/07/27
価格 800円(税抜)
書籍分類 黄金律新書

内容

【資産を守り、安定的に増やす“世界規模の現物投資”とは? 日本、米国本土、ハワイ、英国、ベトナム、カンボジア、フィリピンの不動産を キャピタルゲイン、インカムゲイン、タックスメリットの3つの投資観点で徹底比較 】

今や、不動産投資において日本国内と海外の垣根はなくなりつつあります。 身近でわかりやすく、土地勘のある国内不動産。 成長性の高いエリアならば高収益が見込める海外不動産。 各投資商品の違いを比較することで、メリット・デメリットがより鮮明になり、 間違いのない投資戦略を立てることができるようになるでしょう。 国内については「不特法」「一棟物件」「区分マンション」。 海外については「米国本土」「ハワイ」「英国」「ベトナム」「カンボジア」「フィリピン」。 各エリア・投資対象の専門家たちの意見をもとに、 「グローバル不動産投資」の具体的手法を解説する一冊です。

●contents●
第1章:インフレリスク、不可避の課税強化……。なぜ今、富を築くために「不動産投資」が不可欠なのか?
第2章:日本×世界で展開する「グローバル不動産投資」とは?
第3章:国内不動産―不特法、区分、一棟……。多角化投資が成功のカギ
第4章:先進国不動産―安定資産の保有でタックスメリットを享受せよ
第5章:新興国不動産―利回りの高い物件への投資で高収益を狙え
第6章:分散投資でリスクを抑え、収益性を高めよ。鉄壁のポートフォリオ構築のケーススタディ

制作の背景

著者の内藤忍氏は、3年前に幻冬舎黄金律新書から海外不動産を体系的に解説した『究極の海外不動産投資』を出版しています。第二弾となる本作では投資対象を国内にも広げ、エリアの垣根を取り払い、投資対象をさらに俯瞰できるように構築しました。


●著者プロフィール●
内藤 忍(ナイトウ シノブ)
1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学 (MIT) 経営大学院(スローン・スクール・オブ・マネジメント)修士課程卒(MBA)。大手信託銀行、外資系資産運用会社勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社代表取締役社長、株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長などを経て、株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長に就任。一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事も務める。著作は30冊を超え、『初めての人のための資産運用ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ17万部のベストセラーに。早稲田大学、明治大学、丸の内朝大学などで、資産運用に関する講座を開講。毎週配信している無料のメールマガジン『資産デザイン研究所メール』は購読者3万5000人と個人が配信する資産運用メールマガジンでは最大の配信数を誇る。ワインバー「SHINOBY ’S BAR 銀座」のオーナーとしての顔も持つ。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら