書籍情報

塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法【改訂版】
  • Amazonで買う

塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法【改訂版】

ISBN 9784344912434
クライアント 東京アーバンコンサルティング株式会社
著者 相馬耕三
初版発売日 2017/06/30
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【儲からないアパート、買い手のつかない土地…… 「悩みの種」の不動産が思わぬ利益を生む 】

バブル崩壊以降、買ったはいいものの収益を生んでいない賃貸物件や、地価の暴落でほったらかしになっている土地を抱える不動産オーナーは多くいます。ソニー生命の不動産整備などを実現してきた経験豊富な不動産コンサルタントである著者が、老朽化したマンションを高値で売り抜ける方法や、地方の空き地を都心のマンションに買い替える方法など、不動産に悩まされるオーナー必見の有効利用のアイデアを明かします。2020年に向けた不動産価格の動向や、民泊、追加事例など、新たな業界情報を加えた改訂版。

●contents●
第1章:塩漬け状態の不動産に財産を食いつぶされるオーナーたち
第2章:知識不足のオーナーはさらなる大損を被る
第3章:売却と組み替え等で問題のある不動産を生きた資産に変える
第4章:正しい運用法を知れば不動産から確実に利益を生み出せる

制作の背景

アベノミクスによる景気の上向き、東京オリンピック・パラリンピック開催決定による期待感などから、都心の一部では不動産市場が活況を呈しています。しかしその一方で、バブル期に買った不動産に悩まされているオーナーも多くいます。 収益を生まず管理費や税金ばかりかかる、手放そうとしても買い手が見つからない、ろくな値段がつかない、相続すればまた税金がかかりもめ事も絶えない……。そんな“塩漬け”状態になってしまうのは、オーナー自身に不動産の正しい知識がなく、税理士も弁護士も、税務・法務を越えた不動産実務についてアドバイスできないからです。 不動産コンサルタントである著者は、価格の読み方はもちろん、税務、法務、人との関わり方などあらゆる知識を駆使して、不動産を優良資産に変えていきます。悩めるオーナーに、資産を活かして楽しく人生を送ってもらいたいという思いを胸に、「現在の不動産状況」「新たに不動産を購入する際の災害対策」「民泊」などの追加事例をふんだんに加え、改訂版として制作しました。


●著者プロフィール●
相馬 耕三(ソウマ コウゾウ)
1943年生まれ。東京アーバンコンサルティング株式会社。代表取締役社長。
1965年、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
1967年、同大学法学部法律学科卒業後、三菱信託銀行入社。本店不動産部配属となり、不動産仲介・鑑定・開発・各種コンサルティング業務に従事する。その後、米国ロサンゼルス支店融資課長、次長、本店国際不動産コンサルティング業務担当部長等を歴任し、1991年に米国三菱信託銀行(ニューヨーク)会長兼社長に就任。 95年、英国系国際不動産コンサルティング会社である日本ナイトフランク株式会社代表取締役社長に就任。97年に東京アーバンコンサルティング株式会社を設立、現在に至る。
不動産鑑定士(国家資格)。不動産カウンセラー(日本不動産鑑定士協会連合会)。不動産コンサルティング技能資格(国交省所管)。宅地建物取引士(国交省所管)。元不動産専門調停委員(東京簡易裁判所)。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら