事例

事例詳細

ラストディナー
  • Amazonで買う

ラストディナー 高齢者医療の現場から

ISBN 9784344912328
クライアント 医療法人弘生会 老寿サナトリウム
著者 老寿サナトリウム 編
初版発売日 2017/06/02
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【最期が近づいてきた家族のために 「病院」だからできることがある 】

誰もが迎える人生の最期。あなたはどのように迎えたいでしょうか? 「できれば最期は自宅にいたい」 「無味乾燥な病院でチューブに繋がれたまま死ぬのは嫌」 そう思っている人は多いでしょう。しかし「病院で死ぬ」ということはそんなに不幸なことでしょうか。確かに、望まぬ延命治療を受け、自分の好きなことを我慢し、寝たきりの入院生活を送っている患者さんもいるでしょう。しかしその一方で、自分の好きなことをし、好きなものを食べ、残された時間を精一杯楽しんでいる患者さんがいる病院もあるのです。 大阪府にある療養病床の病院「老寿サナトリウム」では、望まぬ延命治療をせず、穏やかに最期を迎えるためのケアを行っています。訪れるのは、他院で「手の施しようがない」と伝えられた人や、家族での介護に限界を感じている人など様々です。しかし、患者さんの日々の生活は決して不幸なものではありません。 医療と看護の専門家が常に見守ってくれている環境だからこそできること――「音もなく無味乾燥」といった病院のイメージとは一線を画す、老寿サナトリウムでの笑いと喜びの絶えない暮らしには、高齢者医療の目指すべき姿があります。本書はそんな彼らの日常を紹介します。

●contents●
月曜日のストーリー:寝たきりの状態になっても「阪神タイガース」が生きる力になった患者
火曜日のストーリー:「自分の最期は自分で決める」とタバコを生きがいにした患者
水曜日のストーリー:寝たきり状態から立ちあがり裸足で芝生を踏みしめた患者
木曜日のストーリー:胃ろうを付けながらも、もう一度”お好み焼き”を食べることができた患者
金曜日のストーリー:鼻から栄養を取る寝たきりの状態から食事やトイレでの排泄が可能になった患者
土曜日のストーリー:医療処置を拒否し尊厳死の意思表示をした患者
日曜日のストーリー:安らかな眠りについた患者と家族による最後の写真撮影
記念日のストーリー:家族が集まり一晩を共にしながら”ラストディナー”を実現させた患者

制作の背景

大阪府河内長野市にある「老寿サナトリウム」は、おもに終末期の患者を対象に長期療養を行う病院です。無意味な治療はせず、最期まで患者さんが望むことを形にしようと活動を続けています。ある患者さんは長い間禁止されてきたタバコを楽しみ、ある患者さんは病室に家族や友人を呼んでパーティを楽しんだそうです。 医療はしばしば「症状の回復」だけに重点が置かれがちですが、老寿サナトリウムでは「心の健康」の回復の重要性を大切にしてきました。その結果、他院では「打つ手がない」「余命数カ月」と言われた患者さんの容体が安定し、ゆっくりと家族との時間を楽しめた例もあったそうです。 今、日本の高齢者医療は在宅へとシフトが始まっています。しかし、自宅での看取り、在宅介護による家族の負担は決して軽いものではありません。つらい介護のせいで家族の絆にひびが入ってしまうことも少なくないのです。 「できれば自宅で……」というのは多くの人の願いだと思います。しかし、それが患者さんと家族にとってベストな選択になるとは限りません。 本書では実話をもとに、患者さんと家族の幸せな時間の過ごし方をストーリーで紹介しています。日本が抱える医療と介護の課題を、一人でも多くの方に知っていただけたらとの願いを込めて制作されました。

●著者プロフィール●
老寿サナトリウム 編(ロウジュサナトリウム)
1951 年、結核療養を主とした関屋病院として開業。1972 年、医療法人弘生会を設立。北畑金治が理事長に就任。その後、1980 年には医療法人弘生会老寿サナトリウムを開設。一般病床83 床を有する病院となる。1982 年、北畑英樹が医療法人弘生会理事長に就任。1992 年、老寿サナトリウム全面改築が完了し、一般病床281床となる。マルチン・ルッターの「たとえ世界が明日終わりであっても私はリンゴの樹を植える」という言葉をモチーフに「たとえ患者さんの明日の命運がどのようなものであっても、私たちは今日、患者さんが快適で楽しく有意義な生活を送って頂けるよう精一杯努力します」と読み換えて、患者さんの尊厳を守り、心を込めた医療・看護・介護を実践。また「りんご」を医療法人弘生会のシンボルマークに採用。1999年、増改築し全病棟を療養病床(281床)に移行。丁寧な看護ケアと看取りを実践する病院の姿勢が近隣地域に評価される。2010年より北畑大輔が院長に就任、より充実したサービスの提供に努めている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら