事例

トップページ > 事例 > 世界一やさしい経営戦略立案講座

事例詳細

世界一やさしい経営戦略立案講座
  • Amazonで買う

世界一やさしい経営戦略立案講座

ISBN 9784344912199
クライアント ストラテジックパートナーズ株式会社
著者 芦田 博
初版発売日 2017/04/28
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【1000社以上の企業の業績を向上させた 「経営戦略家」が自身の理論を一冊に凝縮! どんな経営環境でも好業績をあげる戦略立案の秘訣 】

多岐にわたるテーマの経営本、経営コンサルタントたち……。経営に関する知識は世に溢れていますが、それらを生かして抜本的な経営改善に成功したという声は聞かれません。なぜ、そうなってしまうのか。それは、経営戦略立案のための根本的な基礎を誰も知らないからです。欧州でDBA(経営学博士号)課程を学んだ著者が、奏功する経営戦略を立てる「本当の基礎知識」をわかりやすく解説します。

●contents●
第1章:縮小する国内経済とともに滅びゆく「アマチュア社長」たち 日本企業にはびこる自己流の経営戦略
第2章:経営戦略とは何か?企業活動を「6つの基本」に分解して理解する
第3章:基本①調査・分析 自社の状況を的確に把握して戦略の指針を定める
第4章:基本②理念・企業ドメインの再定義 自社の”ミッション”を明確にして戦略の全体像を描く
第5章:基本③事業戦略 事業戦略の設計が、企業の浮沈を大きく左右する
第6章:基本④マーケティング 価格、プロモーション、流通、営業・・・ 商品・サービスの特性をもとに「売るため」の施策を立てる
第7章:基本⑤マネジメント 継続的な成長を促す「組織構造デザイン」「人的資源管理」「財務戦略」
第8章:基本⑥実行・検証・改善 KPIを基準としたPDCAサイクルの仕組みづくり
第9章:経営リテラシーを備えた戦略家が世の中のビジネスを制す

制作の背景

著者が日本の企業経営に関してかねてから問題に感じているのは、経営戦略を実践的に学ぶ機会の乏しさです。 著者はこれまで日本のビジネススクールや欧州の大学院で経営を学びましたが、国内と海外では教えられる内容が大きく異なっていたといいます。海外では実践が重視されるのに対して、日本では知識として理論を学ぶことが中心になっているのです。 学者や評論家であれば理論を研究すればいいかもしれませんが、実際に経営に携わる以上は、その知識を生かして実行に移すことができなければ意味がありません。 そこで、著者が蓄えてきた知見のみならず、経営学研究や企業戦略サポートにおけるさまざまなノウハウをわかりやすくまとめるため、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
芦田 博(アシダ ヒロシ)
英国国立ウェールズ大学経営大学院 経営管理学修士(MBA)、EUビジネススクール経営管理学博士課程(DBA)。テレビCMプロデューサーとしてロンドン国際広告賞、IBA、ニューヨークフェスティバル及び国内賞複数を受賞した後、ストラテジックパートナーズ株式会社を設立、代表取締役に就任。広告実務とDBAの知見を生かして企業戦略、マーケティング戦略、プロモーションなどの立案・制作を行っている。

関連書籍

「万年自転車操業」の会社を「万年安定経営」に変える方法

「万年自転車操業」の会社を「万年安定経営」に変える方法

  • クライアント:小林優一税理士事務所
  • 著者:小林優一
詳細はこちら
どんな不況もチャンスに変える黒字経営9の鉄則

どんな不況もチャンスに変える黒字経営9の鉄則

  • クライアント:石原会計事務所
  • 著者:石原 豊
詳細はこちら
たった1年で利益を10倍にする 建設業のための経営改善バイブル

たった1年で利益を10倍にする 建設業のための経営改善バイブル

  • クライアント:株式会社K・コンサルティングオフィス
  • 著者:中西宏一
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼