事例

事例詳細

家来になったネコ
  • Amazonで買う

家来になったネコ A Cat Who Found Joy

ISBN 9784344912106
著者 作・河内文雄 絵・丹羽小織
初版発売日 2017/06/30
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【誇り高いネコはなぜ、ニンゲンの“家来”になったのか……? 読み終わったらきっと、大切なひとに会いたくなる 家族に、友人に、恋人に……声に出して伝えたい物語 】

***あらすじ***
「ニンゲンに勝手につけられた名前を覚えてはならない」 「エサはつまらなそうに食べなければならない」 「ニンゲンの前でしっぽを振ってはならない」 誇り高く生きるため、ネコの世界にはさまざまなルールがありました。 ネコの飼い主は「まあちゃん」という、お誕生日がくると8歳になる女の子。 ネコは自分の誇りを守ろうと、やさしいまあちゃんにそっけなく振舞います。 ところが、転機は突然訪れました。 まあちゃんは実はおそろしい病気にかかっているというのです。 まあちゃんが自分につけた名前の由来を悟ったネコは、教会を訪れました。 ネコの祈りは、神様に届くのでしょうか。

***感動の声、続々!***
「つくられたルールや価値観以上に、自分が本当に大切にしたいことはなんだろう?ということを真正面から投げてくれる1冊でした」30代男性 「いろんなネコの決まりがあって大変そうだったけど、まあちゃんに会えて、ネコがうれしそうでよかったと思いました」5歳・女の子 「ネコの名前の由来を知って、まあちゃんの優しさに目頭が熱くなった」30代女性 「ネコちゃん、そんなにツンツンしなくてもいいのに。そんなプライド捨てて自分の気持ちに正直に生きればいいのに」30代女性 「子供が将来できたら、読み聞かせたいと思った」20代女性

制作の背景

2011年、東日本大震災――クリニックの患者を置いて被災地へ赴くことはできないなかで、著者である河内氏は「それでもなにかしなければならない」と強い使命感を持ったといいます。同時に「自己中心的な人間で溢れ、どこかぎすぎすした世の中」にも危機感を抱いていたことから、人間の想像力を育て、本当の愛を説く物語の執筆を開始しました。


●著者プロフィール●
作・河内文雄(こうち ふみお)
医療法人社団以仁会稲毛サティクリニック理事長。 「街のお医者さん」として地域のひとと関わりを深めるなかで、「ひとを思いやる愛情」が薄れている現代に危機感を持った。作品を通して多くのひとに豊かな心を育んでもらいたいとの思いから、執筆活動を開始。現在は読み聞かせ絵本や小説を多数執筆するほか、動画投稿サイトにて朗読や歌も披露している。

絵・丹羽小織(にわ さおり)
日本画家。愛知県瀬戸市在住。東京デザイナー学院にてグラフィックを学ぶ。郡上市文芸祭現代詩部門、瀬戸市美術展、臥龍桜日本画大賞展、愛知県文連美術展、岐阜県美術展、長久手絵画コンクールなどで入選・入賞。2016 年には郡上八幡にて絵画と詩の展覧会を開催。日常に舞い降りる感情を絵画や言葉を通して表している。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら