事例

事例詳細

「折れない子」を育てるアメとムチ
  • Amazonで買う

「折れない子」を育てるアメとムチ

ISBN 9784344912045
クライアント 松川武平
著者 松川武平
初版発売日 2017/03/10
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【「失敗しても何度でも挑戦できる子」「我慢強い子」「一度決めたらあきらめない子」を育てるには「アメ」と「ムチ」のバランスが大切!】

ストレス耐性があり、たくましい子どもとして「自立」し、「社会性を身につける」には、0歳~15歳までに子どもに自信をつけさせ、「まわりとコミュニケーションをとり、自分で考えて行動するための力」をつけさせなければなりません。そのためには、子どもの年齢に分けて褒めるべきところは褒め、叱るべきところはきちんと叱ることが大切です。アメとムチをうまく使い分けることで、心の「折れない」子どもに育てることができるのです。 本書では、約40年間、小児科医・校医という立場から医療だけでなく子育て指導にも注力し、母親から絶大な信頼を寄せられる著者の経験に基づき、子どもの成長段階を5ステージに区切り、それぞれのステージで身につけるべき能力を明確に打ち出し、「アメ」と「ムチ」をわかりやすく紹介します。

●contents●
第1章:親への過度な依存、ひきこもり、プチうつ……一度失敗したら立ち直れない「折れやすい子」が増えている
第2章:子どもの心の強さは「アメ」と「ムチ」のバランスで決まる!成長段階を5つに分けて「しつけ方」を変える
第3章:【折れない子を育てるステージ①:0~1歳】生きていく力となる「自己肯定力」の土台をつくる
第4章:【折れない子を育てるステージ②:1~3歳】新たな環境にも適応できる「想像力」を育む
第5章:【折れない子を育てるステージ③:3~6歳】困難を乗り越える「忍耐力」をつけさせる
第6章:【折れない子を育てるステージ④:6~10歳】自分の意思を発信する「コミュニケーション力」を鍛える
第7章:【折れない子を育てるステージ⑤:10~15歳】自分の力で将来を切り開く「自立力」を養う
第8章:放任主義は厳禁 子どもの「折れない力」は親が伸ばす

制作の背景

名古屋市で小児科クリニックを運営する著者は、日頃から多くの子ども、その親と向き合い、身体だけでなく心のケア、子育てのアドバイスも行っています。 そうした中で、近年意欲がない子、過保護な親たちをよく目にするようになったことに問題を感じていました。そこで、著者の子育てのアドバイス、親から子どもへの接し方を子どもの年齢ごとに区切り、わかりやすく世のお母さん、お父さんに伝えたいと、出版を決意しました。

●著者プロフィール●
松川 武平(マツカワ ブヘイ)
日本小児科学会 専門医
医療法人松川クリニック 理事長
病児保育室プチポケット代表
1953年愛知県名古屋市生まれ。1979年、愛知医科大学を卒業後、愛知医科大学小児科学教室に入局し、 翌年に名古屋第一赤十字病院に入局。1981年、久徳クリニックで勤務開始。子どもの発達過程、 子どもとメディアとの関わりなどについて研究。
1986年、父親が理事長をつとめる松川クリニックに入職し、2000年医療法人松川クリニック理事長に就任。2017年4月より、名古屋市学校医会会長に就任予定。
日本小児科医会・子どもの心相談医/日本小児科学会会員/日本アレルギー学会会員/日本小児アレルギー学会会員/日本外来小児科学会会員/日本小児東洋医学会会員/名古屋市小児科医会副会長/愛知県小児科医会理事/名古屋市学校医会副会長/全国病児保育協議会 愛知県支部長

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら