事例

事例詳細

シンギュラリティ
  • Amazonで買う

シンギュラリティ

ISBN 9784344911987
クライアント 新日鉄住金ソリューションズ株式会社
著者 チーム2045
初版発売日 2017/03/21
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【ITの知識がゼロでも楽しめる!新日鉄住金ソリューションズの若手社員有志6人が生んだ日本初の「プロジェクト型・小説」!】

「完全なバーチャルオフィスを構築せよ」 政府直轄の特命組織に属する竹下結依のもとに突如指令が下される。 開発現場との衝突、政府からの無茶な要求、妨害を目論む謎の組織。 国に何が起ころうとしているのか、誰が、何のために妨害するのか。 現実と仮想空間を行き来する中で、次第に真実が明らかになっていく―― 「シンギュラリティ」は“プロジェクト型小説”としての第一弾です。シンギュラリティを人類発展の前向きなステップとして迎えられるように、結依たちは少しずつ大きな流れに巻き込まれていくことでしょう。結依たちの活躍によって、多くの方に「シンギュラリティ=技術的特異点」について興味を持っていただき、私たちが携わっているITという技術が幸せな未来のためにはどうあるべきなのか、そんなことを考えていくきっかけになってくれることを願っています。(「おわりに」より)

●contents●

制作の背景

一般にITというと、MicrosoftやAppleのような要素技術やプラットフォームベンダーかAmazon、Yahoo、楽天といったコンシューマー向けの会社、あるいはゲーム会社が注目されがちですが、一方で、地味ながら重要な社会インフラとなるシステムを提供しているSI(企業の情報システムの企画、設計、開発、構築、導入、保守、運用などを一貫して請け負うサービス)業界はなかなか認知されていないのが現状です。そこで、一般社会における身近な仕組みがどのようにつくられているのかを解説し、SI業界の魅力を一人でも多くの人に知ってもらいたいという想いから本書の執筆を決意されました。

●著者プロフィール●
チーム2045(チーム2045)
2016年、SIer(情報システムの企画、構築、運用などの業務を請け負う企業)である新日鉄住金ソリューションズ株式会社の若手社員有志で結成。メンバーの本務は営業、システムエンジニア、総務と、部署や職種をまたいだ構成になっており、業務外活動の一環として日本初のプロジェクト型小説制作に挑戦した。チーム名は、人工知能によるシンギュラリティが2045年に来ると予測されていることにちなんで命名。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら