事例

事例詳細

社会復帰をめざす認知矯正療法
  • Amazonで買う

社会復帰をめざす認知矯正療法 統合失調症患者と家族が選ぶ

ISBN 9784344911963
クライアント 医療法人髙仁会
著者 髙橋太郎 中込和幸 
初版発売日 2017/03/23
価格 1,200円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【週2回、パソコンでゲームをして社会生活に必要な機能を回復させる】

統合失調症は、数ある精神疾患のなかでもとりわけ深刻な病と思われています。しかし、近年の医療技術の進展にともない、優れた治療薬が開発された結果、今では病気と上手に付き合いながら生活している人も少なくありません。統合失調症を患ったとしても絶望する必要はない時代となったのです。 症状が改善されると、次にめざすのが社会復帰です。しかし、この「症状の改善」と「社会復帰」の間には、依然として大きなハードルが立ちはだかっています。 では、統合失調症の患者さんの社会復帰は不可能なのかというと、決してそのようなことはありません。 近年、アメリカで生まれた「認知矯正療法」が統合失調症の社会復帰に大きな効果を期待できることが明らかになってきました。 その具体的な手段は様々ですが、日本では専門医の指導のもと、週2回パソコンを使ったトレーニングを繰り返す「NEAR(ニアー)」が主流となってきています。これにより、病気によって損なわれてしまった注意力、集中力、記憶力、処理速度、問題解決力などといった認知機能が回復し、スムーズな社会復帰が実現できるのです。 本書では、統合失調症の患者さんの社会復帰を後押しする、認知矯正療法の詳細について、当院で行っている実際の治療の様子などにも触れながら紹介していきます。さらに、治療の効果を高めるメンタルケアや患者さんとの接し方などについても具体的に解説します。


●contents●
第1章:統合失調症でも社会復帰はできる
第2章:症状は緩和できても社会復帰には直結しない 薬物療法の「限界」
第3章:薬物療法の限界を打破する「認知矯正療法」とは
第4章:6カ月で認知機能が向上する 認知矯正療法「NEAR」
第5章:認知矯正療法の効果を飛躍的に高める心のケア
第6章:社会復帰を後押しする、家族による支援体制
第7章:認知機能の向上で、統合失調症から社会復帰は可能になる

制作の背景

著者である髙橋太郎氏が理事長を務める医療法人髙仁会では、日本で精神衛生法が発布され、都道府県に精神病院設置が義務づけられた精神医療の黎明期から70年近くにわたり、精神病治療に取り組んできました。そこで常に課題としてきたのが、薬物治療では限界のある統合失調症をはじめとした重度の精神病からの社会復帰です。 現在、髙橋氏が院長を務める川口病院では、認知矯正療法「NEAR(ニアー)」を全国の病院のなかでも先駆けて導入。専門医の指導のもと、週2回パソコンを使ったトレーニングを繰り返すことによって、損なわれてしまった注意力、集中力、記憶力、処理速度、問題解決力などといった認知機能を回復。スムーズな社会復帰を後押ししています。 この画期的な治療法を多くの患者さんやその家族の人たちに知ってほしいという思いから、本書の執筆を決意しました。


●著者プロフィール●
髙橋 太郎(タカハシ タロウ)
医学博士。医療法人髙仁会理事長、川口病院院長
長年にわたって統合失調症を中心とした精神疾患の治療に携わる。2016年より統合失調症患者の社会復帰を後押しする認知矯正療法「NEAR」の導入をいち早く開始。
昭和大学医学部精神医学教室兼任講師、精神保健指定医、日本精神神経学会 精神科専門医・指導医、公益社団法人日本精神科病院協会日本精神科医学会認定指導医、日本精神科医学会認定認知症臨床専門医。

中込 和幸(ナカゴメ カズユキ)
医学博士 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所所長
帝京大学講師、昭和大学助教授、鳥取大学教授などを経て2015年より現職。日本国内にNEARを導入したことで知られる。主な訳・著書に『「精神疾患における認知機能障害の矯正法」臨床家マニュアル』、『「社会認知ならびに対人関係のトレーニング」治療マニュアル』『統合失調症 正しい治療がわかる本』などがある。日本自殺予防学会、日本薬物脳波学会、日本神経精神薬理学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本生物学的精神医学会、各理事。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら