事例

事例詳細

人生の困難を突破する力
  • Amazonで買う

人生の困難を突破する力

ISBN 9784344911895
著者 小野寺佑太
初版発売日 2017/12/18
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【100万人の生保営業マンの「トップ」に君臨 数々の困難を乗り越えてきた男の 32年の半生を綴ったノンフィクション 】

生きている限り、人生において困難はつきものです。 ある日突然、自分の意思とは無関係に困難が降りかかり、思い悩まされることは誰もが多かれ少なかれ経験しているでしょう。 そうした困難に直面した時にとる行動もまた、人によりさまざまです。 一つの困難が解決したらほかの困難が目の前に現れ、自分の人生を恨みたくなるような壮絶な出来事がさらに待ち受けていることもあります。 30代前半という若さで100万人を超える生保営業マンの“頂点”TOT(トップ・オブ・ザ・テーブル)の登録資格を獲得した著者もまた、人生に降りかかる困難との闘いを幾度となく経験してきた一人です。 15歳で家を飛び出し、18歳で起業した会社を年商1億円の企業にまで成長させたものの、やがて重度の精神疾患を発症。しかし、奇跡的に病を克服し、中卒、27歳、未経験の保険営業の仕事に出合ったことで、人生の第二章が幕を開けることになったのです。 数々の困難を潜り抜けてきた著者が32年の半生から見いだした、人生の困難と向き合うために必要なこととは――。 絶望から希望を見いだす言葉に満ちた、渾身のメッセージ。

●contents●
第1章:「挫折」を突破する――サッカーでの挫折を経て、18歳で社長になる
第2章:「孤独」と「病」を突破する――会社解散と離婚のショックで発症した重度の精神障害を克服
第3章:「学歴社会」を突破する――大卒だらけの保険業界で、未経験からトップセールスになる
第4章:「慣例主義」を突破する――飽和状態の業界で、一番であり続けるための“新たな挑戦”

制作の背景

著者は、これまでの人生であまりにもいろいろな困難に直面し焦って生きてきたといいます。 会社を起業したものの再起不能とまでいわれた重度の精神疾患ですべてを失った20代。そして27歳で初めての就職を果たした生保業界、実業家としての一歩。チャレンジの連続だった人生で培った、目の前の壁を自ら突破して道を切り拓く力、運をつかむために闘う力。一人でも多くの人に、勇気と希望と気づき、そしてチャレンジスピリッツを届けたいという思いから、本書の制作が始まりました。


●著者プロフィール●
小野寺 佑太(オノデラ ユウタ)
1985年東京都立川市生まれ。
神奈川県川崎市出身。中学校卒業直後の15歳で家を飛び出し、日雇いの仕事を開始。時を同じくして同棲を始めた女性との間に一児を設け、17歳で父親に。18歳で型枠解体であるみなし法人小野寺興業を設立。20歳で同じく(有)小野寺総建を設立。年商1億円の企業にまで成長させる。しかしリーマン・ショックを機に売り上げが激減。25歳で仕事のストレスや離婚が引き金となって精神疾患を発症。一時は1日15錠の薬を服用し、自殺未遂を3回繰り返すほどの状態になったものの、完全復活を遂げる。回復後、27歳で初めて就職し、外資系生保会社での営業で日本新人No.1を獲得。2014年11月トップコンサルティングサービス(株)設立。わずか10カ月で外資系生保会社の小規模代理店の部日本No.1を記録。2年連続日本No.1を達成。2016年に財務コンサルティング・記帳代行・会計処理の会社アセット・コンピュテーション(株)を設立。現在、100万人いるといわれる保険営業マンのうち約70人(2016年現在)だけが該当するTOT(トップ・オブ・ザ・テーブル)の登録資格を有す。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら