事例

企業出版(ブランディング出版):HOME > 事例

事例一覧

キーワード検索

図解でわかる 耳鳴りの原因と治療法

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:医療法人社団一医会渡辺医院
  • 著者:渡辺繁

制作の背景

耳鳴りを持病として諦めたり、軽く考えて市販の薬で対処している人は少なくありません。その場その場の服薬でしのいでいると、仕事が手につかなくなるばかりか、死に至る危険性すらあるのです。耳鳴りを完治させるためには、市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心掛けがカギを握ります。耳鳴りに悩む多くの方々を救いたいという思いから、図版を多用し、よりわかりやすく「耳鳴り」を理解してもらえるような本を作ろうと、制作を決意しました。


●著者プロフィール●
渡辺 繁(ワタナベ シゲル)
医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。主な著書に『本当は怖いめまい・耳鳴り』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。
詳細はこちら

人生の困難を突破する力

  • 書籍分類: 単行本
  • 著者:小野寺佑太

制作の背景

著者は、これまでの人生であまりにもいろいろな困難に直面し焦って生きてきたといいます。 会社を起業したものの再起不能とまでいわれた重度の精神疾患ですべてを失った20代。そして27歳で初めての就職を果たした生保業界、実業家としての一歩。チャレンジの連続だった人生で培った、目の前の壁を自ら突破して道を切り拓く力、運をつかむために闘う力。一人でも多くの人に、勇気と希望と気づき、そしてチャレンジスピリッツを届けたいという思いから、本書の制作が始まりました。


●著者プロフィール●
小野寺 佑太(オノデラ ユウタ)
1985年東京都立川市生まれ。
神奈川県川崎市出身。中学校卒業直後の15歳で家を飛び出し、日雇いの仕事を開始。時を同じくして同棲を始めた女性との間に一児を設け、17歳で父親に。18歳で型枠解体であるみなし法人小野寺興業を設立。20歳で同じく(有)小野寺総建を設立。年商1億円の企業にまで成長させる。しかしリーマン・ショックを機に売り上げが激減。25歳で仕事のストレスや離婚が引き金となって精神疾患を発症。一時は1日15錠の薬を服用し、自殺未遂を3回繰り返すほどの状態になったものの、完全復活を遂げる。回復後、27歳で初めて就職し、外資系生保会社での営業で日本新人No.1を獲得。2014年11月トップコンサルティングサービス(株)設立。わずか10カ月で外資系生保会社の小規模代理店の部日本No.1を記録。2年連続日本No.1を達成。2016年に財務コンサルティング・記帳代行・会計処理の会社アセット・コンピュテーション(株)を設立。現在、100万人いるといわれる保険営業マンのうち約70人(2016年現在)だけが該当するTOT(トップ・オブ・ザ・テーブル)の登録資格を有す。
詳細はこちら

「子なし」のリアル

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社ハーティスマイル
  • 著者:奥平 紗実

制作の背景

少子化問題が深刻化している現状で、子どもを持たない人々の中には子どもがいない生き方について述べることには遠慮やためらいがあると考える人も少なくありません。子どもを生み育てることが賞賛される社会の中で、子どもがいない人は一種のマイノリティーです。そして、少数派であるからこそ、子どもがいないことの苦しみや悲しみについて声を上げることが難しいという現実があります。著者は、人知れず心を痛めている彼らにスポットを当てることでその存在が尊重されるようになり、子どもがいる人もいない人も双方が互いの立場を思いやり助け合える社会になってほしい、という考えのもと本書の制作を決意しました。


●著者プロフィール●
奥平 紗実(オクダイラ サミ)
東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒。大手電機メーカーの国際事業部をはじめ数社にて貿易、秘書、販促などの業務に携わり、約25年間一般企業に勤務。その中で担当したセミナーの企画、運営に興味を持ち、2016年4月、40代以降の世代に学びや交流の場を提供する株式会社ハーティスマイルを設立する。子どもがいない人のコミュニティ参加や情報交換の場が少ないことに問題意識を持ち、彼らを“ノンファン(Non Enfant)”、コミュニティを“SmileとSocial、Life of No Kids”から“SLINKS(エスリンクス)”と名付け活動を開始。交流の機会や情報交換を促進するため、Webサイトの運営や交流会、イベント開催を行うかたわら、ブログでの発信を続け、多くの読者の共感を呼んでいる。
詳細はこちら

高1からの進路教室 改訂版

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社さんぽう
  • 著者:渡邉 洋一

制作の背景

大学や短大や専門学校などに進むにしても、メディアでとりあげられるような有名校ではなく、あまり知名度の高くない学校にも、それぞれの目的に合う特色や内容を持っているところがたくさんあります。偏差値という学力だけの指標にとらわれず、他の点も研究したうえで進路を選択してもらうべく、学校選びについて知っておきたいポイントを一冊にまとめました。 さらに、時代に即した情報を掲載し、生徒たちの進路選択に大きく貢献したいという思いから、2013年の初版『高1からの進路教室』の大幅改訂に踏み切りました。


●著者プロフィール●
渡邉 洋一(ワタナベ ヨウイチ)
株式会社さんぽう取締役会長。進路アドバイザー。
1954年保安大学校(現防衛大学校)入学。56年東京大学入学。60年東京大学文学部卒業後、博報堂入社。68年産業教育情報センター(現さんぽう)を設立し、社長に就く。2003年より現職。
詳細はこちら

現場の職人が教える最高の家づくり

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社中村工務店
  • 著者:中村光伸

制作の背景

工務店社長として20年以上、住み手にとって「最高の家」を追求してきた著者は、家づくりの重要なポイントは、実際に家を建てる職人に聞かなければわからない、と思い至ったと言います。一軒の家ができ上がるまでには、実に多くの工程が必要です。ところが、家づくりのなかで施主が話し合いの機会を持てるのは、営業マン、設計士などに限られているのです。 家づくりのプロの立場から適切なアドバイスをしたい――長年考え続けた末に、施主と普段関わることのない職人の生の声をまとめた本書を出版することを決意されました。


●著者プロフィール●
中村 光伸(ナカムラ ミツノブ)
1976年生まれ。中村工務店二代目代表取締役。
1967年、大阪府門真市にて先代の中村博司氏が中村塗装店を開業。1981年に中村工務店として法人化する。注文住宅の販売を中心に、不動産業、コンサルティング業、建設業、保険代理店業、ビジネスホテル業、飲食業を営む。顧客との絆を大切にし、同社運営の飲食店・ホテルの割引や優待、保険や法律相談、イベントなど施工完了後もさまざまなアフターサービスを提供する「ハッピービーンズプロジェクト」が好評。2017年10月には創業50周年を迎えた。
詳細はこちら

トラブル完全回避 親子円満事業承継

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社井ノ瀬運送
  • 著者:井ノ瀬広和

制作の背景

筆者の井ノ瀬広和氏は、経営コンサルタントとして多くの事業承継に携わってきた人物であり、また自らも家業の事業承継を経験し、悩んだ息子でもあります。 数々の企業、家業と向き合ったことで得た経験から、親子間の円満な事業承継、会社をより発展させる事業承継の方法論を確立しました。 同じように事業承継に困っている人の役に立ちたい、日本の中小企業に活力を取り戻したいという思いから、制作が始まりました。


●著者プロフィール●
井ノ瀬 広和(イノセ ヒロカズ)
経営コンサルタント。プロメテ・パートナーズ代表。事業承継のサポートを始め、企業再生、M&Aアドバイザリー業務などのコンサルティングを行なう。一部上場企業から中小企業まで幅広い顧客を持ち、業種業態、規模に即した支援バリエーションを持つ。家業での経営経験や自身でも複数の事業を営み、経営者のニーズを捉えるコンサルティングや後継者のコーチングには定評を持つ。
詳細はこちら

カンボジア ベトナム マレーシア 儲かる東南アジアの不動産は“ここ”で買え

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社シティインデックス
  • 著者:福島啓修

制作の背景

著者の福島啓修氏は、不動産業務・投資業務ともに幅広く携わってきました。現地調査に徹底的にこだわる彼の姿勢は、投資家たちに高い利益をもたらしています。実際に自ら足を運びエリアや物件の情報、そして現地の声を収集して培った不動産投資のノウハウを、より多くの投資家に伝えたいという思いから本書の制作が始まりました。


●著者プロフィール●
福島 啓修(フクシマ ヒロナオ)
福島啓修(ふくしま ひろなお)
1982年早稲田大学卒。その後、大手金融会社に入社し、投資銀行部門・商品開発・リスク管理本部といった部署で不動産投資をはじめとした幅広い投資業務に携わる。2013年に投資会社である株式会社レノに入社し、翌年に代表取締役に就任。2016年よりレノの子会社である株式会社シティインデックスの代表取締役社長も兼任する。現在は国内不動産、東南アジア不動産に至るまで、幅広い不動産投資事業に携わっている。
詳細はこちら

図解!わかればできる アンチエイジングとメタボ・生活習慣病対策

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社ドクターバンク
  • 著者:影山広行

制作の背景

巷には様々な健康法やダイエット法、美容やアンチエイジングの秘訣が溢れています。しかし、メディアで流行りの方法に飛びつくだけでは、なかなか効果が出なかったり、根気が続かなかったりと、いつの間にかやめてしまうこともしばしば。その根本的な原因は、健康法やアンチエイジングの取り組みと、自分の体質などがマッチしていないからです。 どんなに人気で流行りの手法も、効果が出る仕組みから理解しなければ、自分に合ったものを選んだり、より効果的な取り組みを続けることができません。ところが世間では手法にばかり注目が集まり、ブームを呼んでは消えていきます。 そんな現状に危惧の念を抱く著者は、医学的な観点から「健康の仕組み」「アンチエイジングの仕組み」を理解することが重要だと強く訴えています。とはいえ、医学の難解な話を一般の人々が一から勉強するのは現実的ではありません。そこで、アンチエイジングやメタボ、生活習慣病といったポイントに絞って、わかりやすく仕組みを読み解くために執筆されたのが本書です。


●著者プロフィール●
影山 広行(カゲヤマ ヒロユキ)
1972年生まれ、三重大学医学部卒業、北海道大学大学院修了、医師、医学博士。専門は画像診断、抗加齢医学。画像診断のプロフェッショナルとして、難病の診断に従事。予防医学への関心からPET-CTなどを駆使した富裕層向け健診業務や生活習慣病診療にも携わる。医師としての診療の枠組みでは、より本質的な意味での病気の予防やアンチエイジングは提供することができないことに気づく。出版などを通じて、できるだけ多くの人がいつまでも健やかで若々しく過ごす方法を広く提供している。
放射線科専門医(診断)、核医学専門医、PET核医学認定医、抗加齢医学専門医。
詳細はこちら

世界13カ国 英語留学ガイドThe Guide for English Language Schools in 13 Countries

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:ノバリ株式会社
  • 著者:太田裕二

制作の背景

日本企業の海外進出にともない、多くの企業が「グローバル人材」を求めています。世界で戦えるグローバル人材には、大前提として「英語力」が必要とされるのは言うまでもありません。加えて、ビジネスを外国人と共同で行ううえでは、英語力だけでなく、異文化理解の基礎となる「教養」を身につけることが必要不可欠なのです。13カ国もの語学学校へ留学した留学ジャーナリストである著者が、現地の実態を中立公正に世に伝えたいという思いから本書の制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
太田 裕二(オオタ ユウジ)
ノバリ株式会社代表取締役社長。留学ジャーナリスト。
1972 年静岡県生まれ。五大陸制覇。世界13 カ国の語学学校へ留学し、視 察した語学学校は100 校以上。世界各都市の魅力や留学適性を明確に把握 している。その経験をもとに、世界の語学留学のポータルサイト『留学広場』 を運営。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らな い現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」 な情報を世の中へ伝えている。著書に『格安& 短期間で英語力アップ! セ ブ島英語留学完全ガイド』『業績を伸ばすための" 守り" を固める 鉄壁のリ スクマネジメント』(ともに幻冬舎メディアコンサルティング)がある。
詳細はこちら

日本一売れたフライおつまみから学ぶ「ヒット商品」を生み出す秘訣

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社マルエス
  • 著者:田中稔朗

制作の背景

マルエスは2017年に70周年を迎えた大阪の老舗メーカーです。「いか」を原料としたおつまみを主軸に数々の商品を生み出し、現在は国内トップレベルのシェアを誇る企業にまで成長しました。本書では、そんなマルエスのこれまでの軌跡とともに、「売れない時代」に苦悩を抱える多くのメーカーに向けて、ヒット商品を生み出す秘訣を紹介しています。単なる史実をまとめた周年誌ではなく、一般の人にも役立つ開発ノウハウを盛りこむことで、より多くの人に興味深くマルエスを知ってもらえる内容を目指しました。


●著者プロフィール●
田中 稔朗(タナカ トシロウ)
1978 年生まれ。大阪府出身。2002 年、横浜国立大学を卒業後、明治製菓株式会社(現・株式会社明治)に入社。大手総合スーパー本部への営業を担当し、マーケティング、販売戦略を手掛ける。2008 年、株式会社マルエスに入社。東京営業所所長などを経て、2011 年、代表取締役社長に就任。「堺から世界に」をスローガンに、2015 年2月にはマルエスタイランドを設立し、中国、東南アジアに進出している。創業70 周年を迎えたマルエスは『いか天大王』をはじめとしたおつまみを一貫して製造・販売。「“おいしかった”の笑顔が好き」をモットーに、これまでに世に送り出したおつまみは400 点以上にのぼる。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼